文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

総合診療部門の紹介

特色

 近年医療における医療の進歩・専門分化が進み、各種専門医やいわゆる“神の手”を持つ医師がクローズアップされています。その一方、国民の高齢化とともに、複数症状・疾病をかかえている患者さんや、身体機能上介護が必要な高齢者が急増しています。
また都市部への人口集中化により、医療過疎化、老老介護、生活保護者・孤独死の増加などの新たな社会問題が出現してきています。
このため専門医の守備範囲外の、あるいは部分的にしか診療してもらえない患者さんが増加し、たらい回しにされる、いわゆる“医療難民”も出て来ています。
上尾中央総合病院では、このような問題点を解決するために、平成25年4月より、“総合診療科”を新設致しました。
当科では外来・入院を通じて、患者さんからの病歴聴取・診察を十分に行った上で、必要十分な各種検査を行うことで診断を確定します。
入院患者さんに対しては、毎日行われるカンファレンスや病棟回診を通じて、医学的エビデンスに基づいた適格な入院治療を計画し、インフォームドコンセントをいただいた上で進めて参ります。
また当院専門診療各科との十分な協力・連携をとり、各科専門的診療が必要になった場合には、当該科へのコンサルト・転科を進めて行きます。さらに退院時には当院ケースワーカーや地域ケアマネージャーと共に患者さんの退院先について患者さん・ご家族とともに相談して行きます。
 総合診療科では地域の開業医・病院の先生方、各種医療機関・老人施設とも密接にに連携をとりつつ、患者さんを一つの地域医療圏の中で包括的にケアして行く医療を目指して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

教育・研修・研究

総合診療科教育・研修目標

救急総合診療に必要な幅広い知識と確かな技術を習得し、地域医療の根幹を担う病院総合診療医 (ホスピタリスト)を養成します。

  1. 24時間、365日、断らない地域医療の必要性を理解し実践する。
  2. 医師および他の医療職種と情報の共有ができる、POSによる診療録を作成できる。
  3. 医療面接と身体診察から適切な臨床推論ができる。
  4. 幅広い知識と最新の科学的根拠に基づいた効率的な検査と治療ができる。
  5. 他職種の病院職員と協調し、かつ適切に専門医にコンサルテーションができる。
  6. 患者の「価値観」、「思い」や「家族の意思」を尊重した診療をする。
  7. 生物心理学的社会モデル(bio-psycho-social model)を用いて問題解決ができる。
  8. 医師としてのプロフェッショナリズムを振り返り、生涯教育を継続する習慣を身に付ける。
  9. 他のスタッフからの評価・批判を積極的に受け入れ、冷静に対応する態度を修得する。
  10. 常に自分の診療パフォーマンスを振り返り、生涯教育を継続する習慣を身に付ける。

目標とするライセンス

総合内科専門医、プライマリ・ケア認定医(総合診療専門医(予定))

*当科では、プライマリケアの観点に立ち、救急外来診療および、各専門科が十分に対応できない患者さんを診療することにより、家庭医や病院総合診療医(ホスピタリスト)へとつなげるための総合診療を習得していただきます。
当科には軽症から重症、小児から高齢者まで、あらゆる患者さんが救急車または独歩で受診されます。そうした診断のついていない患者さんの初療から、入院治療までを担当することにより、診断・治療能力を養成するとともに、院内各専門医と連携を取ることで、幅広い知識・技術を習得していきます。
さらに初期研修医や医療スタッフの教育を通じて自身の知識・技能をより確実にしていただくとともに、病棟管理・他科依頼や院外連携施設との連携を通じて、他職種とのチーム医療やそのマネージメントについても修得していただきます。
 総合診療医育成には、他科の臨床研修が必要であり、初期臨床研修とは異なった、より専門的な研修を行うために各科をローテイトしていただきます。
また、いずれかのサブスペシャリティを持っていただくため、後期研修終了後も踏まえて、専門科を研修していただく予定としています。
 当院では、後期研修中(3年間)に最大1年間、他施設への国内留学が可能となっております。特筆すべきは国内留学中の給与は当院後期研修医の規定通り当院より全額補償されるということと、国内留学終了後のデューティ業務も一切ないことです。従って、かなり自由に他施設での研修が可能となっております。
 後期研修終了後(3年後)には、引き続きサブスペシャリティを習得するために各専門科での研修を勧めています。
各専門科で独立した診療が可能となった後、そのまま専門科で勤務するか、総合診療科の診療・教育スタッフとして勤務するかを選んでいただこうかと考えております。

実績

実績

このページの先頭に戻る