文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

ロボット支援下仙骨膣固定術

ロボット支援下仙骨膣固定術とは?

(RASC:Robot-assisted sacrocolpopexy)

ロボット支援下仙骨腟固定術(ろぼっとしえんかせんこつちつこていじゅつ、Robot-assisted sacrocolpopexy: RASC, RSC)は、骨盤臓器脱に対するロボット手術です。本邦では2020年に保険適用となりました。本手術は、他のロボット手術と同様に腹腔鏡手術の延長として承認されましたが、その適用も腹腔鏡下仙骨腟固定術と同様であり、ほぼ全てのタイプの骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、腟断端脱など)に対して施行が可能です。

本手術の特徴、腹腔鏡下仙骨腟固定術との比較

仙骨腟固定術は、骨盤の深部で縫合操作を多用する手術です。手術支援ロボットを用いることで、狭い空間でも手ブレや画面ブレなく、1ミリ以下の精度で縫合操作が可能となり、より精緻な手術が実現できるというのが最大の特徴です。また、術者の精神的・体力的な負担軽減など、医療者側への大きなメリットがあるのも特筆すべき点です。

再発が少なく安全性も高いことが示されており、最先端の低侵襲手術として患者さんへのメリットも多分にあります。一方で、習熟した腹腔鏡下仙骨腟固定術と比較して、本手術のメリットがより大きいといえる十分な研究結果は未だ得られていません。しかしながら、腹腔鏡手術から引き継がれた現行の手技に、ロボットだからこそできる手技を加えることで、本手術はさらに進化する可能性を秘めています。今後、様々な工夫が重ねられていく中で、患者さんへの直接的なメリットとして、ロボット手術の優位性が示されてくると期待しています。

具体的な治療経過

当院では現在、国内最新モデルであるda Vinci Xiおよびda Vinci Xの2台の手術支援ロボットを用いて、手術までの待機期間が短くなるよう努めています。腹腔鏡手術と同様に、個々の患者さんの要望や併存疾患、骨盤臓器脱の状態に合わせて、オーダーメイドで手術内容を計画していきます。
創は、へそを含めて1cm前後の長さで4つ(あるいは5つ)です。傷跡にも配慮し、なるべく目立たないような縫合、被覆材の選択を行なっています。手術時間は通常2-3時間で、手術翌日には食事も歩行も可能です。入院期間は約1週間です。

術後の生活で気を付けること

退院直後から日常生活に制限はなく、デスクワークなど体の負担の少ない仕事であればすぐに再開いただいて構いません。ただし、重いものを持つような仕事は1ヵ月間は控えることを勧めています。
術後の生活で、メッシュが入っていることの異物感を感じる方はほとんどいません。また、メッシュそのものは手術で使う糸を編み込んで作られたものですので、MRI検査や大腸カメラなど含めて今後受けられなくなる検査があるわけではありません。

骨盤臓器脱は治すことのできる疾患です。そして、「骨盤臓器脱で悩み我慢している今の生活から解放され、温泉や旅行、やめていた趣味などを再開し、より良い生活を手に入れて明るい人生を過ごしてほしい」というのが、この手術にかける我々の想いです。この手術を受ける方のほとんどが60歳~80歳代であり、高齢だからという理由で手術をあきらめるのはもったいないことです。いきなり手術とまでは勇気が持てないという方も、まずは専門医に話してみることから始めてみませんか?

予約受付窓口

紹介状をお持ちの方:地域連携課・病診連携係 TEL:048-773-5941
紹介状を開封せずにお手元にご用意ください。
紹介状をお持ちでない方:外来予約センター TEL:048-773-1197

受付時間

月曜日~金曜日 8:30~17:30
  土曜日   8:30~13:00
  • 日曜・祝祭日は受付いたしかねます。
  • 当日のご予約はお受けいたしかねます。
  • 時間帯によって、電話回線が混み合ってつながりにくい場合があります。ご迷惑をおかけいたしますが、悪しからずご了承ください。
  • 当院は地域医療支援病院です。かかりつけの医院からの紹介状が必要となります。紹介状をお持ちでない方はこちらをご確認ください。

このページの先頭に戻る