文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

教育システム

教育制度

  • キャリアパス
    新入職員から、キャリアパスを通して生涯教育を行えます。
    教育制度
    • 新人教育
      入職してから約半年間、一般撮影部門の教育を行います。先輩からの講義を聞き、撮影方法や画像における重要事項を学びます。その後シミュレーションを行い、各種撮影における一連の流れを習得し、接遇や医療安全を学びます。社会人として、医療人として必要な知識、心構え、態度を学びます。
    • 初級教育
      初級教育では、ファーストモダリティ教育として当直業務に向けたCT部門、MRI部門、または、専門業務として放射線治療部門への配属を行います。配属先では、それぞれの専門的教育をラダーに沿って行っていきます。より臨床の知識・技量に磨きをかけ、臨機応変な対応を学んでいきます。
    • 中級教育
      中級教育では、セカンドモダリティ教育として透視部門、血管造影部門、RI部門に配属を行います。それぞれの部門で、さらに専門的な教育をラダーに沿って行っていきます。マルチモダリティを扱うことで、利点、紐づけなどを理解することにより、多面方向から考え、導き出せる力を身につけます。
    • 上級教育
      上級教育では、それぞれのモダリティでの知識、技術を習得し、スペシャリストを目指し教育を行っていきます。また、後輩の教育、指導を行うための育成教育を行っていきます。担当モダリティでは、役割を担うことで「責任感」を、後輩の教育、指導を担うことで、「使命感」を養っていきます。
    • リーダー教育
      リーダー教育では、役割やモダリティの責任者を経験することで、部下をまとめる「統率力」、目標達成に向けた課題の遂行を行う「実行力」を養います。自ら模範となるように自己研鑽に努め、部下を先導していきます。
    • マネジメント教育
      マネジメント教育では、組織運営や、品質・人材の管理能力を養います。視野を広く持ち、常に最新情報を得ながら、総合的な判断ができる力を身につけていきます。また、部下の適切な人材評価能力、的確にフィードバックするコミュニケーション力、モチベーションを維持する気配りなど、組織と個人のマネジメントを学んでいきます。
  • キャリアラダー
    キャリアラダー
    キャリアラダーとは、診療放射線技師として、医療職員としての質を高めるために自己研鑽し、自分の能力を把握しながら段階的に成長を促すための人材育成システムです。診療放射線技師という専門職としての臨床実践能力、臨床管理能力を「クリニカルラダー」を用いて伸ばし、スペシャリストを育てます。また、管理能力に長けている職員は、「マネジメントラダー」を用いて総合管理能力を養い、マネージャーを育てます。

新人教育

クラスター制度

プリセプティ(新人技師)にプリセプター(先輩技師)が指導を行う制度を導入しています。
プリセプター制度ではマンツーマンが一般的ですが、クラスター(集団)でプリセプティやプリセプターをサポートする体制をとっています。

クラスター制度

一般撮影教育

入職してから6月までの3か月間で一般撮影の教育となります。
先輩が指導者となり、OSCEを用いた確認試験を毎日一部位行い、合格後は実際に患者さんの撮影を行えるようになります。

一般撮影教育
一般撮影教育

このページの先頭に戻る