文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

教育:Education System

はじめに:introduction

上尾中央総合病院のリハビリテーション技術科では、医療・介護・予防領域と拡大する職域と、多様化・高度先進化するリハビリテーションを担える人材育成を目標に卒後教育システムを構築しています。医療・社会人として求められるノンテクニカルスキルを身につけるためのAMGラダー、疾患別臨床スキルを身につけるための疾患別ラダー、専門職別に標準的リハビリテーションを提供するための標準プログラムで教育システムが構成されています。

取り組み:our actions

AMGラダー:Ageo medical ladder

AMGラダー:Ageo medical ladder

医療現場では専門スキルのみでなく、他職種連携等で求められるノンテクニカルスキルも重要なスキルとなります。ノンテクニカルスキルとはコミュニケーション、チームワーク、意思決定などを包含する総称で、チーム医療を実践するために必要なスキルといわれています。AMGラダーは、AMGリハビリテーション部共通の教育システムで、4つの能力(臨床実践能力、人間関係能力、管理能力、育成・研究能力)と、それと連動する課業で構成されています。

疾患別ラダー:Disease ladder

疾患別ラダー:Disease ladder

当院では様々な診療科からリハビリテーションオーダーがあり、多様な疾患領域に対しての臨床スキルが求められます。また、医療者は日々進歩する医療に対し、生涯学習が必要とされています。疾患別ラダーとは、標準的かつ専門性の高いリハビリテーションを提供するための、学び続ける姿勢を支援する教育システムになります。

標準プログラム:Standard program

AMGラダー:Ageo medical ladder

当科では、リハビリテーションを提供する上で、2つの視点が重要であると考えています。1つ目に、標準的なリハビリテーションが提供できること、2つ目に、個別性に対応できることです。‘標準’‘個別性’は一見矛盾しているように感じますが、標準的なリハビリテーションという物差しがあるからこそ、ひとりひとりの個別性に気付き(評価)、リハビリテーションを提供できることができます。
標準プログラムとは、専門職別(PT・OT・ST)リハビリテーションの、質の標準化を目的としたプログラムです。妥当性と有効性の検討を重ねながらアップデートを重ねています。

その他:Other topics

  • 院内勉強会多数(外部講師勉強会、他職種講師勉強会 etc)
  • チーム別症例検討会
  • 研究、学会発表(年間20件以上の学会発表実績あり)
  • 大学院修了者
  • 認定理学療法士、3学会呼吸認定療法士、心臓リハビリテーション指導士などの認定資格取得者多数

メッセージ:Message

上尾中央総合病院リハビリテーション技術科には
皆で学び、研鑽する風土と仕組みがあります。
一緒に成長して行きましょう!!
Message

このページの先頭に戻る