文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

Education System(教育)

安全かつ効果的なリハビリテーションを提供するために。

教育3本柱

【標準プログラム】
標準プログラムとは、各疾患領域別にプログラムを作成し、リハビリテーションを進める上での指針を示したものです。過去の患者データーに基づき作成しているため、プログラムの方針に悩んだときも、安全かつ効果的にリハビリテーションを進めことができます。また、半期ごとに患者データに基づきプログラムの見直しを図り、常に最良の結果が得られるようプログラムの更新を行っています。

【職能要件ラダー】
各疾患領域別に、ジュニア・シニア・スペシャルレベルと段階を設けています。レベルごとに教育システムが設けられており、理解、指導、実践とテストを合格することでステップアップしていく方式となっています。理解項目はテーマ別の講義と資料があり、確認テストが用意されています。指導、実践はケースレポートの提出、発表を行う方式となっています。

【ローテーションシステム】
中枢神経、運動器、内部障害の各3チームを3年間でローテーションします。所属する1年の間に、職能要件ラダーのジュニアレベルを終了することを目標とし、3年間で全疾患領域に対応できるリハビリセラピストの基礎を作ります。4年目からは自分の専門性を高めたいチームに希望をすることができます。

教育・研修・研究

【プリセプター制度】
3年間は1人につき1名のプリセプターがつくため、相談しやすい環境が整っています。

【外部研修会、学会発表の補助】
外部の研修会・学会参加を推奨しており決められた金額補助が出ます。

【専門資格取得の推奨】
呼吸認定療法士‥12名
心臓リハビリテーション指導士‥2名
糖尿病療養指導士‥7名
介護支援専門員‥6名
専門理学療法士‥1名
認定理学療法士‥1名

【大学院卒業者(平成20-27)】
大学院卒業生3名
外部の専門資格の取得を推奨しており取りやすい環境です。

このページの先頭に戻る