文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

Speech therapy(言語聴覚療法)

中枢急性期~大事な時期を早期から支える~

●それぞれの症状に合ったリハビリ介入を積極的に行っています。

1つ!嚥下・高次脳・構音障害と幅広い症状に対応します。
2つ!早期から嚥下訓練を実施。(発症当日or翌日より介入)。
3つ!リスク管理を多職種と共有してチームアプローチ。

中枢急性期~大事な時期を早期から支える~

中枢回復期~楽しくしゃべって、笑って、あなたらしさを取り戻す~

●毎日1時間、質の高いリハビリを提供しています。些細な変化も逃しません。

1つ!高次脳機能障害、構音障害を抱えた患者さまをサポートします。
2つ!一人一人の患者さまのニーズとホープをかなえます。
3つ!一人一人の生活スタイルに合わせて、家族指導や調整をします。

中枢回復期~楽しくしゃべって、笑って、あなたらしさを取り戻す~

内部障害係~嚥下のスペシャリスト 食べる楽しみ守ります~

●嚥下評価・訓練をメインに介入。Dr.からの急な要望にも迅速に対応!!

1つ!適切な食形態・訓練内容をスピード感を持って対応します。
2つ!病棟と連携をとり、リスク管理を行いながら介入します。
3つ!退院後も安全な食生活を送れるよう家族指導も実施します。

内部障害係~嚥下のスペシャリスト 食べる楽しみ守ります~

耳鼻科のST・栄養サポートチーム(NST)栄養科との関わり

耳鼻科STと連携しVE・VF・画像を通し、客観的に嚥下評価を行うことができます。栄養サポートチームは Dr、Nrs、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士などが参加し、それぞれの専門的な知識を活かしながら病態や患者さまごとに適切な栄養管理を行っています。当院は嚥下食・補助食品の種類が豊富!!病院食部会で栄養士さんと密に話し合う機会があり、より一人一人に合った食事内容を目指しています。

耳鼻科のST・栄養サポートチーム(NST)栄養科との関わり

~思ったことが伝わらない 食べたいけれど食べられない~

これまで使っていた言葉が理解できない 発せられない…いままで食べていたものが食べられない…そういったもどかしい気持ちや不安を抱いていることを少しずつ練習し、一言でも自分の言葉で発したり、一口でもご自身でお食事がとれるようサポートします。一歩一歩前に進み、ご本人、ご家族の社会復帰を支援することは、大きなやりがいです。

このページの先頭に戻る