文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

Staff message(メッセージ)

当院教育システムで安心して臨床業務が行えるように指導します。

だれでも最初は不安です。職場の雰囲気に慣れるところから始めて徐々に業務を理解して実践していきます。最初から1人で行うことなく先輩の指導のもと業務を行います。

新人セラピストの成長過程

【一年目理学療法士が新人教育を受けた感想】

【一年目理学療法士が新人教育を受けた感想】
4-5月まで先輩の臨床の見学、ラダー等で知識を高めていきその後担当は、先輩と一緒に診療に関わっていきます。先輩と治療方針について話し合いリハビリを提供できるので、安心して、介入することが出来ました。最初はわからないこと不安がありましたが、すぐに聞くことが出来る環境がある、またフィードバックを頂くことができたのは心強かったです。

OUR PEOPLE~仲間からメッセージ~

チーム配属 運動器係 急性期 1年目理学療法士
出身:北海道文教大学

● PTになったなったきっかけ:
中学2年生の時に腰を怪我し、実際にリハビリを受けたのが、きっかけです。部活動に参加できず、心身共にうまくいかない時期がありましたが、理学療法を通じてそういった悩みや痛みも軽減し、PTを目指そうと思いました。

● 病院のいいところ:
年間行事が豊富で、バレーボール大会、運動会、院内旅行があり、大変盛り上がります。院内旅行は、先輩と旅行することで、良いコミュニケーションを築くことが出来ます。

チーム配属 内部障害係 1年目 言語聴覚士
出身:東京医薬専門学校

● 教育制度に関してどう思う?:
数多くの勉強会が、部門別にあり、PT・OTの勉強会にも自由に参加出来ます。自分の分野にとどまらず、興味・関心をもった分野において知識が幅広く広げることが出来ます。

● 働く上でのやりがいは?:
失語の患者さまを担当させていただいた時、リハビリテーションで関わることで、徐々にコミュニケーションが取れるようになったことです。また、頼りになる先輩方がたくさんいるので、様々な意見交換から、考えを聞くことが出来ます。患者さまへの関わりも、超急性期から回復期まで一連の流れで関わることが出来るので大変勉強になります。

チーム配属 中枢係 回復期 1年目 作業療法士
出身:埼玉県立大学

● 教育に関して:
入職後2-3ヶ月は、慣れない業務等様々な面において不安がありました。そのような時期にこの教育制度に沿って同期全員が同じ程度で業務に取り組めることは安心感につながり、また自身が不足している部分を補ってくれたため大きな手助けとなりました。

● 働く上でのやりがいは?:
患者さまがリハビリの中で、達成感や安心感、楽しさから、たくさんの笑顔や喜びを見せてくれた時にリハビリのやりがいを感じます。

● 上尾のリハビリ科のおすすめポイント:
学習意欲や自己鍛錬の意識が強く熱い先輩の方がたくさんいて、良い刺激になります。また勉強会も多く、スキルアップしたい方には、お勧めの職場です。面倒見の良い人たちばかりなので安心して業務をおこなえます。楽しくてにぎやかな職場です。

このページの先頭に戻る