文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

救急室

ごあいさつ

救急初療看護科は、医師と共に、全ての救急患者さまを受け入れ、可能な限り対応することを目標にしています。救急隊からホットラインで入ってきた情報をもとに迅速に対応できるようスタンバイ体制を敷いています。緊急性を要した状態や重篤な状態などの様々な患者さまが救急搬送されるため、適切な治療が行えるよう医師のサポートと共に看護を行っています。また、手術や入院が必要となる場合には、関連する他科に引き継ぎ、患者さまに適切な治療や看護を行っています。何よりも、危機的状況に置かれた患者さまや御家族の心理を理解した上で、適切な対応をするよう心掛けています。

救急初療室看護科長 谷島千恵

特色

「トリアージ」
救急の患者さまの症状は様々であるため、どんな場合でも対応できるトリアージ能力が大切です。診察前の患者さまの症状を評価し、緊急度・重症度を見極め、治療の優先性を判断しています。

「院内急変時の対応」
院内で容態急変と思われる患者を発見した場合(医学的緊急処置が必要と判断した場合)、院内緊急放送が流れます。当部署は、院内急変時バッグを持参した看護師を派遣し急変時対応を行っています。これは24時間体制で対応しています。

教育・研修・研究

「幅広い分野が学べる」
BLS(心肺蘇生による一時救命)やICLS(2次救命措置)などを研修で受けることができます。

「救急初療看護ラダーを設定」
院内のキャリアラダーとは別に、救急初療看護ラダーを設けています。救急初療看護は、様々な救急疾患、外傷を有するあらゆる年齢層の患者と家族が対象であり、緊急度の迅速な判断・救急技術・処置の提供が求められるため、最新の知識・技術を常に研鑽しておくことが必要です。そのため、水準の高い看護実践を維持するべく、救急初療看護ラダー(習熟度段階表)を導入することで、救急初療看護実践能力向上を目指すことをねらいとし、看護職員の能力育成を図っています。

このページの先頭に戻る