文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

褥瘡管理科

ごあいさつ

褥瘡管理科では専門的な知識・技術を用いて「床ずれ」や「人工肛門・人工膀胱のスト―マ」、「失禁」ケアに関して看護サービスを提供しています。役割としては実践・指導・相談を行っています。何かあったらいつでも相談できる体制になっていますので、お問い合わせください。

褥瘡管理科係長 小林郁美

特色

「褥瘡対策委員との連携」
医師、看護師、栄養士、リハビリなどで構成される褥瘡対策委員と共同して褥瘡の予防、管理を行っています。

「スキンケア対策」
健康を害してしまった皮膚が健康を取り戻すような看護を実施しています。褥瘡などをつくらないスキンケア対策によって在院日数を短くするメリットがあります。

「看護外来」
専門知識をもった皮膚・排泄ケア認定看護師がストーマ造設患者さまに退院後も継続したサポートができるよう支援しています。

教育・研修・研究

「スペシャリストの育成プログラム」
5年の臨床経験に加え、専門領域での3年臨床経験後には認定看護師の試験を受けられ、スペシャリストとなることができます。そのためのバックアップは科を挙げてサポートしています。

このページの先頭に戻る