文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

褥瘡管理科

ごあいさつ

褥瘡管理科は、褥瘡(床ずれ)をはじめとする皮膚のトラブルの予防・治療に関わる部署です。褥瘡は、単に動けなくなるから発生するものではなく、栄養状態や年齢・疾患など様々な要因が関与し、ときには治療行為そのものが原因で発生することもあります。褥瘡を発生させないこと、発生してしまった褥瘡を早期に治療し悪化させないことが重要となります。 褥瘡管理科には皮膚・排泄ケア認定看護師が在籍し、専門的な知識・技術を用いて褥瘡などの創傷・ストーマ・失禁に関する看護サービスを提供しています。何かあればいつでも相談できる体制となっていますので、お気軽にお問い合わせください。

褥瘡管理科係長 小林郁美

特色

「褥瘡対策」

当院には医師、看護師、栄養士、理学療法士、薬剤師、検査技師などの職員で構成される褥瘡対策チームがあり、様々な視点で患者さんの褥瘡予防・治療にあたっています。

「スキンケア対策」

健康を害してしまった皮膚が健康を取り戻すような看護を実施しています。褥瘡などをつくらないスキンケア対策によって在院日数を短くするメリットがあります。

「看護外来(皮膚・排泄ケア)」

ストーマを保有する患者さんが安心して暮らせるよう、ストーマ外来を設けてご相談に対応させていただいています。当院以外で手術を受けられた方の受診も可能です。
受診の流れは【看護外来 皮膚・排泄ケア】をご覧ください。

教育・研修・研究

「院内研修」
  • 看護専門コース(スキンケア、ストーマケア)
    院内の看護師を対象に、スキンケアやストーマケアに関する研修を開催しています。入院中や治療中に起こりやすい皮膚障害の予防や、皮膚障害が発生した際の対処法を教育することで、すべての患者さんが同じケアを受けられるよう支援しています。
  • 褥瘡対策に関する研修会
    褥瘡対策チームと協同して、全職員を対象とした褥瘡予防・治療に関する研修会を定期的に開催しています。
「院外研修」

創傷管理・ストーマケア・失禁ケア・スキンケアに関する内容で、各ご施設の要望に応じた研修が開催可能です。 研修のご依頼、内容・時間等につきましては直接お問い合わせください。

「スペシャリストの育成プログラム」

5年の臨床経験後、専門機関での研修を修了すると皮膚・排泄ケア認定看護師の試験を受けられ、スペシャリストとなることができます。褥瘡管理科では資格取得のために科を挙げて支援しています。

このページの先頭に戻る