文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

先輩の声

9B病棟看護科 M.Sさん

私は専門学校3年生の時に上尾中央総合病院の病院見学に参加し、新人教育制度とスタッフ間の人間関係の良さに惹かれ就職することを決めました。
実際に当院に入職してからは採血、注射、輸液ポンプや人工呼吸器などの医療機器の使用方法、急変時看護などの充実した新人研修があり1つ1つの技術に対し、先輩看護師の皆さんが丁寧に優しく指導してくださいました。またジョブローテーション研修といった臨床で研修する期間があり新人教育に力をいれた病院だと改めて感じました。

私は現在、泌尿器科と腎臓内科の外科と内科の混合病棟で働いています。病棟配属当初は看護師としてやっていけるのかとても不安でした。今も毎日とても忙しく落ち込むこともたくさんあります。それでも頑張れるのはつらい時に話を聞いてくれる同期や先輩の存在、そして患者さんからの嬉しい言葉や笑顔を一番近くでみることができるからだと思います。私たちは患者さんに看護を提供する立場ですが、患者さんの笑顔やありがとうなどの嬉しい一言がこの仕事をしていて良かったと看護師としてのやりがいを感じる瞬間だと思います。

看護師はとても大変できついこともたくさんあります。ですがそれ以上にやりがいを感じられる仕事です。ぜひ1度見学にいらしてみて下さい。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

集中治療看護科 S.Hさん

私はもともと急性期の看護が行いたいと思いICUがある当院に興味を持ち見学に来ました。見学したときからとてもいい雰囲気であり、色々なことが学べそうだと思いICUへの入職を決めました。入職してからも認定看護師や先輩たちを始め、関わる全ての人から多くのことを日々学んでいます。

ICUでは患者さん二人に対して看護師が一人いるという看護体制をとっています。その為、一人の患者さんに対して密に関わることができます。細かな病態を考えて看護ケアの計画を立て患者さんが少しでも早く回復したときに看護師としてのやりがいを感じています。急性期で怖いというイメージがあると思いますが経験豊富なスタッフが多く教育にも力を入れていて新人さんでも安心して看護ができる体制を整えています。興味があったらぜひ見学に来てください。ICUで待っています。

4A病棟看護科 T.Tさん

Q 上尾中央総合病院を選んだ理由はなんですか?
私が当院を選んだ理由は、教育体制がしっかりしていること、休みが月10日あることに魅力を感じたからです。実際に就職し、初めの3ヶ月間は講義や演習、ジョブローテーション研修を通して、知識や技術の基礎から深く学ぶことができました。他の病院に勤めている友達よりも部署に所属するのは遅くなりますが、研修を通して自分のやりたい看護は何かを実際に目で観て、そして感じることができると思います。また、休みもしっかりとれるので私生活もかなり充実しています。

Q 新人教育の中で嬉しかったことがあれば教えてください。
多職種合同の研修ができ、看護部以外の同期もでき、輪が広がったことがとても嬉しかったです。

Q 後輩へメッセージをお願いします!
今、どんな看護をしていきたいか、何を学びたいか分からなくて悩んでいる方がいると思います。しかし当院なら、研修を通して見つけられると思います。また、自分のやりたい看護が見つかっている方も、改めて見つけられると思います。ぜひ見学に来てください。

このページの先頭に戻る