文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

特定行為に係る看護師の指定研修

看護師特定行為に係る研修について

2015年7月30日、第8回医道審議会保健師助産師看護師分科会において、看護師特定行為・研修部会の審議結果が発表されました。審査の結果、保健師助産師看護師法に基づく特定行為研修の指定研修機関の指定に関し、当院が指定研修機関(特定行為13区分)に許可されました。

当院は、2015年10月より研修を開始しました。2016年3月に1期生7名、その後2期生6名、3期生19名、4期生19名が研修を修了し、1区分から11区分の修了認定が行われました。

【研修・実習風景】
【4期生修了式】

修了生の声

前期の共通科目であるEラーニングはかなりボリュームがありました。そのため早めに余裕を持って閲覧しているつもりでしたが、レポートの提出や試験勉強が重なると大変でした。しかし、Eラーニングでは臨床推論や疾病・臨床病態概論などを学ぶことで理解を深めることができました。また研修センターで集まって受ける授業もとてもわかりやすく、質問にも丁寧に対応して頂き、その場で疑問が解決できたので助かりました。
後期の区分別科目では、私は5区分希望しました。1区分につき課題が10枚程度あることを知り、自分が無事に研修を修了することができるのか不安でした。毎週課題を2~3枚提出し後半になると筆記試験・OSCEとあり、自分が追い込まれていくのがわかりました。それでも何とか頑張れたのは、支えてくれた仲間達のおかげだと思っています。
臨地実習ではとても緊張しましたが、医師や指導看護師の方に声をかけて頂き緊張が和らいだことをよく覚えています。実習では実際に患者さんに手技を行うことで、改めて責任の重さを感じ、また感覚的にわかることや教科書だけではわかりにくいことも経験できました。
ここで学び経験したことを忘れずに研鑽していきたいと思います。

(4期生 横浜相原病院 看護師)

研修当初はeラーニングとレポート提出、テストに追われ、仕事をしながらひとつひとつ課題をクリアしていかなければならない環境に、疲れ果ててしまった時期もありました。なんとか前期をクリアすると後期では、自分が選択した特定区分ごとに分かれ、講義や実習、テストなどが行われます。後期になると、受講生みんなの結束力が強くなり、お互い励ましあったり、解らないところを教えあったりできる仲になり、仲間のお陰で何とか後期も乗り切る事が出来ました。特定行為の修了証を授与した時は、国家試験に合格した時の様に嬉しく、達成感に満ち溢れていました。しかし、現在やっとスタートラインに立てた状態です。看護師として、今後も常に学ぶ姿勢を絶やさず、組織はもちろん今後の社会においても医療に貢献できる一人になれたらと思います。また、一年間学んできた知識や技術を、他のスタッフにも伝えていけるよう努めていきたいと思います。看護師特定行為研修を受講させていただくチャンスを下さった施設や、理解をして協力して下さった周囲の皆様に感謝致します。

(4期生 上尾中央総合病院 看護師)

看護師特定行為研修担当より

2015年から特定研修を開講し、現在までに16施設51名の修了者を輩出しました。
今年4月には5期生26名を迎え、共通科目の研修がスタートしております。特定研修を目指す受講者は、学ぶ姿勢がとても前向きであり、看護専門職として業務の拡大や、変化する機能と活動の範囲など自分のできる方法でよく考えていると感心します。通常の勤務や家庭での役割を果たしながらたくさんの人たちに支えられ頑張っている受講者を、陰ながら支えていくことが研修担当としての私の役割です。これからも学ぶ環境の提供と様々な面でのサポートに努めてまいります。

(看護師特定行為研修専従担当 香川さゆり)

2019年度 上尾中央総合病院看護師特定行為研修募集案内

募集期間

2019年1月4日~1月18日(消印有効)

選考結果

2月上旬までに全員に郵送します

1)研修期間

2019年4月~2020年3月
※4月6日開講式予定 ただし、開講式前よりe-learningの視聴学習あり

2)研修内容

前期(2019年4月~2019年8月)
【共通科目】 必須受講※受講の免除については、募集要項をご覧ください

  1. 臨床病態生理学
  2. 臨床推論
  3. フィジカルアセスメント
  4. 臨床薬理学
  5. 疾病・臨床病態概論
  6. 医療安全学
  7. 特定行為実践

後期(2019年8月~2020年3月)
【区分別科目】 下記13区分より 選択受講

  1. 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  2. 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  3. 呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
  4. 循環器関連
  5. 心嚢ドレーン管理関連
  6. ろう孔管理関連
  7. 栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連
  8. 創傷管理関連
  9. 創部ドレーン管理関連
  10. 動脈血液ガス分析関連
  11. 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  12. 血糖コントロールに係る薬剤投与関連
  13. 循環動態に係る薬剤投与関連

3)研修方法

  1. 講義(e-learning・通信教育法による課題レポート含む)
  2. 演習(ペーパーシミュレーション症例検討)
  3. 実習(シミュレータ実習・病棟実習)

※前期は、基本的に土曜日の開講(一部平日あり)

4)受講資格

  1. 看護師経験5年以上
  2. 施設において特定行為の実践・協力が得られ、施設長からの推薦状を添付できること(共通科目の特定行為実践演習において手順書の作成を施設と共に作成するため)
  3. 看護師賠償責任保険に加入していることが望ましい

5)受講申込方法

下記、募集要項をご覧の上、出願期間内に申込してください

  1. 看護師特定行為研修受講申込書(様式1)
    看護師特定行為研修受講申込書(様式1)
  2. 看護師特定行為研修 受講者履歴・推薦書(様式2)
    看護師特定行為研修 受講者履歴・推薦書(様式2)
  3. 勤務証明書(様式3)
    勤務証明書(様式3)
  4. 小論文(様式4)

お問い合わせ・お申し込み

上尾中央総合病院
〒362-8588 埼玉県上尾市柏座1-10-10
看護師特定行為研修係

看護師特定行為研修フォローアップ研修/特別講演のお知らせ

当院は2015年より、特定行為に係る看護師の研修制度の指定研修機関となり、現在までに43名が修了しました。今回、修了生や本研修に興味のある方、受講を検討されている方、看護管理者、教育担当者などを対象にフォローアップ研修/特別講演を開催することとなりましたので、下記の通りご案内申し上げます。
なお、資料手配の都合上、事前のお申込みをお願いします。

テーマ/講師 日時/場所
第一部「特定研修修了生の実践報告」
≪講師≫
上尾中央総合病院 坂本純基
上尾中央第二病院 有山由香

第二部「特定研修修了者に期待すること」
≪講師≫
坂本すが
(前日本看護協会会長)

第三部「医師の立場から特定行為を考える」
≪講師≫
長谷川剛
(上尾中央総合病院 特任副院長)
2019年02月15日(金)
13:00~16:30
上尾中央総合病院
B館10階 中村記念講堂

※事前申込制(先着180名)※

パンフレットおよび申込書(PDFファイル)はこちらから印刷できます。

  • PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
    下のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードし、インストールしてください。
    Adobe Reader

お問い合わせ・お申し込み

看護部 特定研修担当 香川

このページの先頭に戻る