文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

新人研修

2010年4月から新人看護職員研修制度が努力義務として制度化されましたが、
上尾中央総合病院では2008年より導入しています。
当院の大きな特徴としては、配属前にジョブローテーションを行い、院内全部署をグループでローテーションしてから新人が希望した部署へ全員が配属していることです。

新人看護職員研修のご案内

  1. 目的
    社会人として専門職としての自覚と責任をもち、基本的な臨床看護実践能力を習得できる
  2. 目標
    社会人として専門職としての自覚と責任をもつことができる
    臨床現場への適応ができる
    総合病院における急性期から慢性期の看護をトータル的に知ることができる
    基本的な臨床看護実践能力を身につけることができる
  3. 研修期間
    4月~3月の1年間
  4. 指導体制
    当院ではプリセプターシップではなく、チーム支援型により、チーム全員で新人を育てていくという意識のもとで、新人指導を行っています
  5. 研修方法
    Ⅰ期:オリエンテーション研修(4月)集合教育により、病院および看護部の概要を知り、社会人としての自覚を持つ演習により看護技術を学び、臨床での看護実践の準備をする
    Ⅱ期:ローテーション研修(4月中旬~6月)オンザジョブトレーニングにより、各部署での看護技術の習得を行う
    病院全体の環境に慣れるとともに、看護に必要な健康障害各期をトータル的に把握する
    個々の配属先を決定する動機付けとする
    Ⅲ期:部署配属前期(7月~12月)日勤業務に慣れ、夜勤勤務が開始できる
    中期集合研修の講義と演習により、実践的能力が向上できる
    中期部署外OJTにより、未経験看護技術の習得ができる
    Ⅳ期:部署配属後期(1月~3月)部署業務のひとりだちができる
    後期集合研修の講義と演習により、臨床実践能力および基本的態度が身につく
    後期部署外OJTにより、看護技術習得100%の到達ができる
    クリニカルラダーⅠの認定取得
  6. 研修内容
    1)集合教育(73時間)
    2)技術演習(45時間)
     新人研修一覧
    3)ジョブローテーション
    目的
    1. 看護部署全体の把握
      各部署の雰囲気を知る
      各部署の診療・看護を理解する
      配属希望部署を明確にする
    2. 看護実践力を身につける
      各部署で行われている看護技術を体験する
      各部署で、実施可能な技術を習得する
      各部署の特殊技術を見学し理解する
    3. 仲間づくり
      同期との交流を深め、横のつながりを強化する
      相談できる仲間をつくる
    方法
    • 1グループ4~5人で、看護部全24部署を1~2日の期日指定でローテーション
    • 部署毎に経験する看護技術を明確にして経験
    • 全部署終了後に希望部署へ配属
    • 配属後に未習得の看護技術は、再度他部署にローテーションし習得を目指す
  7. ジョブローテーションシフト表
  8. 看護技術チェックリスト
    厚生労働省の指針に基づき当院の看護手順にあわせて作成し、1~2年間で技術習得を目指します。
    看護技術チェックリスト抜粋
  9. 当院の新人看護職員離職率の低さ
    全国の新人看護職員の離職率が7~8%の推移で経過している現在、当院は平成22年より離職率0です。ジョブローテーションにより自らが選択、希望した部署への配属により、モチベーションを高くし、リアルティショックが少ないことによるものと思われます。また、ローテーション期間が長いことで、横のつながりが強化され、同期とのつながりが強くなり、精神的なサポートが得られていることも大きな要因です。
  10. 外部施設からの受入研修プログラム
    新人看護職員を対象とした、外部施設からの受入研修を実施しています。詳細につきましては、PDFファイルを参照してください。

各研修について

このページの先頭に戻る