文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

中途研修

  • ローテーション
    入職当日より、希望者を対象に配属前のジョブローテーションを導入しています。
    配属は原則希望制としていますが、迷って決められない等のケースに応じて複数部署を数日体験します。

  • 集合研修
    看護部では中途入職看護職員を対象に、年に2回研修を行っています。
    当院の職員として責任ある医療(看護)サービスの提供ができることを目的として、様々な研修を企画しております。

  • キャリアラダー臨時認定制度
    個々の経験やキャリアに応じたレベルを認定する制度として、入職1ヶ月後に臨時評価を行っています。

中途入職者研修

  • 研修項目
    病院・看護部概要、教育システム、感染管理(標準予防策・経路別予防策)、安全管理、看護必要度
  • 目的
    当院の職員として責任ある医療(看護)サービスの提供ができる
  • 目標
    病院の組織と概要が理解できる
    部署の一員としての所属感をもつことができる
    医療従事者として適切な対応ができる
    今後の自己課題を明確にできる
  • 対象
    看護職員(看護師・准看護師・看護補助者・クラーク・歯科衛生士)
  • 開催日時:
    年2回開催 前期 4月(12月~4月1日入職)/後期 12月(4月~12月入職)
    • 前期は新人職員研修と合同で実施
  • 内容
    集合教育とジョブローテーション

ジョブローテーション

  • 目的
    看護部各部署の特殊性を知る
  • 目標
    配属部署の自己決定ができる
    リアリティーショックに陥らない
  • 対象
    希望者(入職予定日前にジョブローテーションの希望有無と希望部署を確認)
  • 期間
    1日~6日間(1人1部署2日間とし、MAX 3部署6日間とする)
  • 方法
    事前に確認した該当部署へジョブローテーション予定を連絡(入職1週間前迄に)
    入職日より連続でジョブローテーションを実施(原則月~金)
    ジョブローテーション終了時に希望部署を確認し、翌日(翌週)より配属

各研修について

このページの先頭に戻る