文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

病院情報の公表

平成28年度 上尾中央総合病院 病院情報の公表

(全体の集計方法と定義)

  • 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに退院された患者さまが対象です。
  • 医療保険を利用した患者さまのみを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等は含めません。
  • 入院後24時間以内に亡くなられた患者さまも対象外としています。
  • この指標は、平成29年度「病院情報の公表」の集計条件等に準じて作成し、年間10症例未満の場合は-(ハイフン)を表示しています。

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 782 342 404 613 1089 1309 2888 4266 2478 455
平成28年度の全退院患者数は14,626人。幅広い年齢層の患者さまが入院されておりますが、最も多い年齢層は70~79歳で4,266人でした。年齢区分で60歳以上が入院患者の69.0%を占めていますが、高齢になるほど入院の可能性が高くなるためです。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 308 2.27 3.06 0 69.33
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 288 3.17 4.71 0 69
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 111 19.16 17.95 9.01 80
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 106 7.97 11.38 0.94 76.67
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 104 4.86 5.51 0 66.09
わが国の死因の第2位を占める循環器疾患は、狭心症や心筋梗塞をはじめとして弁膜症、不整脈、心不全、大動脈疾患、末梢動脈疾患など多岐にわたります。当科ではこれらの循環器疾患の専門医が在籍しており、救急対応を含めて24時間体制で診療に当たっています。平均在院日数は全国値よりも短いことが示されています。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 164 12.4 11.06 1.22 72.64
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85 11.91 10.93 4.71 68.64
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 77 8.88 7.38 0 69.6
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 69 9.42 7.89 1.45 64.04
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 8.93 9.08 1.69 69.69
消化器内科の対象疾患は、消化器の名の通り食べ物の通り道、食道から胃・小腸・大腸・肛門までと、さらに消化を助ける肝臓と肝臓で作られた胆汁をためる胆嚢、消化酵素を作る膵臓など消化を助ける腹部の臓器全体です。医療技術の発達とともに、おなかを切らずに治療できる病気の範囲が増えています。内視鏡を使った総胆管結石の排石術やドレナージ術、食道・胃・大腸などの早期がんの剥離術、胃や大腸のポリープ切除術など消化器の領域にも多々あります。当科では夜間の緊急内視鏡にも対応しており、年間約15,000件行っています。平均在院日数は全国値と大きな乖離はありません。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 257 6.14 5.83 0 60.72
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 176 7.61 7.78 0 72.7
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 159 7.28 7.44 0.63 73
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 143 10.47 13.39 0.7 69.01
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 50 7.88 12.43 0 71.16
当科では主に泌尿器領域でのがん治療、結石治療、排尿障害および泌尿器科的緊急治療疾患の治療を行っています。当院ではがんの症例が多く、県内でも有数の手術件数があります。前立腺がんの検診にも力を入れ、地域の病院とも連携し早期発見・早期治療を心がけています。近年増え続ける前立腺肥大症に対するホルミニウムレーザーによる前立腺核出術(HoLEP)、尿管結石に対する体外衝撃波治療、がんの内視鏡手術など低侵襲手術にも力を入れています。平均在院日数は全国値と大きな乖離はなく、尿路感染症では全国値より4.5日短いことが示されています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 83 5.8 5.6 0 37.8
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 67 5.85 6.82 0 59.54
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 14.93 15.92 0 71.11
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 53 9.23 12.73 0 69.32
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 49 9.31 6.59 0 58.04
当科では消化器がん(食道がん、胃がん、肝臓がん、膵臓がん、胆道がん、大腸がん)、乳がん、肺がんといった悪性腫瘍を中心に上部消化器疾患、肝胆膵疾患、下部消化器疾患、呼吸器外科疾患、乳腺内分泌外科疾患を幅広く診療しています。当院では低侵襲手術(内視鏡外科手術・ロボット手術など)に特に力を入れており、入院期間の短縮、傷が目立たない手術で患者さまのからだにやさしい治療を実現しています。平均在院日数は全国値と大きな乖離はありません。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 165 48.13 27.63 8.48 80.39
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 64 19.3 11.91 1.56 32.03
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 57 8.77 5.49 0 39.05
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 46 35.59 20.57 0 73.39
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 43 37.88 26.26 0 73.6
加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて動けなくなる状態をロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言いますが、その診断・治療・予防を行うことは高齢化が急激に進む我が国の現状においてますます重要なことです。当科ではスポーツ診、膝診、股関節診、脊椎診、ハンド/末梢診、肩診、足診等各専門医をそろえ外傷から慢性疾患すべての整形外科疾患に対応します。急性期治療を終えたら必要に応じて回復期リハビリテーション病棟でのリハビリテーション強化・継続を行っています。そのため平均在院日数は全国値より長い傾向があります。(※急性期治療を終え回復期リハビリテーション病棟へ転棟した日数も含まれているため)

耳鼻いんこう科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 69 5.64 5.5 0 41.17
030428xxxxxxxx 突発性難聴 58 9.62 9.37 0 54.95
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 57 11.56 37.93 0 63.33
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 50 6.98 7.75 0 55
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 49 6.59 7.47 0 53.55
当科は埼玉県における耳鼻いんこう科・頭頚部外科診療の基幹病院の一つとして、救急疾患から頭頚部がんまでのあらゆる疾患に対応しています。内科、消化器科、外科、脳神経外科、形成外科、口腔外科などの他科との連携を要する方々の治療も積極的に取り組んでいます。平均在院日数は全国値と大きな乖離はなく、頭頚部がんの化学療法・放射線治療実施においては全国値より26.3日短いことが示されています。

総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 119 22.24 21.25 15.97 83.55
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 48 16.98 12.43 0 77
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 19 21.79 19.24 5.26 76.53
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2 なし 18 38.67 41.29 33.33 82.89
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 17 18.71 15.29 11.76 83.59
誤嚥性肺炎等の呼吸器疾患による高齢者の入院が多くみられます。これらの患者さまは、病状回復後も自立した生活が困難な場合が多く、施設への入所・転院等が必要となるケースも多いため在院日数が長くなる傾向がありますが、全国的にみられる傾向のため当院の平均在院日数は全国値と大きな乖離はありません。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 113 5.24 6.02 1.77 1.14
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 5.08 5.79 0 4.69
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 52 3.31 5.5 1.92 4.56
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 7.22 6.18 2 0
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 4.95 6.42 0 2.55
当科に入院する最も多い疾患は気管支炎や肺炎などの下気道感染とそれに伴う喘息発作です。早産による低出生体重児にも対応していますが高次医療が必要と判断した場合は、速やかに専門施設にご紹介し治療を継続していただくこともあります。平均在院日数は全国値より短い傾向が示されています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 44.54 19.35 33.33 68.25
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 14.85 7.52 7.5 56.78
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 33.15 16.54 15.38 69.73
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 18.76 7.12 0 62.96
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 21.83 9.87 4.35 75.65
当科で対象となる疾患は、脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍、先天奇形、水頭症、三叉神経痛、顔面けいれんなど多岐にわたっています。当院ではこれらの脳神経疾患全般に対して救急病院として24時間365日対応できる診療体制を整えています。また、リハビリテーションにも力を入れており回復期リハビリテーション病棟で各種リハビリテーション施術を受けることによって、社会復帰が可能となっています。このため平均在院日数は全国値より長い傾向があります。(※急性期治療を終え回復期リハビリテーション病棟へ転棟した日数も含まれているため)

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 102 10.02 9.88 0 33.04
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 91 11.09 10.05 0 45.79
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 54 35.04 20.79 11.11 32.2
120140xxxxxxxx 流産 53 1.98 2.43 0 33.19
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 31 11.03 10.36 0 43.39
当科で多い症例は分娩による帝王切開術で、小児科をはじめとする他科の協力のもと安全に母児の管理を行っています。子宮筋腫・卵巣腫瘍等の良性腫瘍摘出術や流産による子宮内容除去術も行っています。
平均在院日数は早産・切迫早産で手術の必要がないケースでは全国値より長くなっていますが、他は全国値と大きな乖離はありません。
※正常分娩はDPC対象外のため上記データには含まれません。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 63 4.57 8.87 1.59 72.6
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 49 13.24 14.77 4.08 72.02
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 28 34.25 37.06 17.86 71.46
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 22 6.18 7.58 0 36.73
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし 20 2.6 3.44 10 76.2
当科に入院する最も多い疾患は慢性腎臓病及び透析関連となっています。慢性腎臓病の原疾患の一つである腎炎、ネフローゼ症候群には必要に応じて腎生検も行っております。透析関連では、新たに透析を始める方だけでなく既に透析中の方に生じる様々な合併症に対する治療も行っております。血液浄化療法室では透析療法以外にも血液吸着療法、血漿交換療法などの各種血液浄化療法も行っており、様々な疾患に対応可能です。平均在院日数についても全国より短い傾向にあります。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 40 5.93 3.68 2.5 71.28
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 22 28.82 19.92 0 74
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 16.92 13.85 0 79.46
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 手術なし 11 22.73 16.85 18.18 76.82
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 21.45 14.83 0 75.64
当科で多い症例は肺がん、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)ですが呼吸器に関する疾患であれば幅広く対応しています。また、アレルギー全般の診療も行っています。平均在院日数は全国値より長い傾向が示されています。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 36 2.33 3.34 0 65.61
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 35 18.8 24.7 2.86 68.8
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 13 25 28.23 0 62.77
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 12 29.17 21.94 8.33 75.25
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 11 29.91 29.69 0 72.18
当科の対象疾患は虚血性心疾患、弁膜症、大動脈疾患、感染性心内膜炎、不整脈と成人心臓外科全域にわたります。当院では未来の医療に役立つと考えられる技術を積極的に導入しています。ただし、最新治療の恩恵の裏には「挑戦」というリスクも伴います。疾患も患者さまによってすべて異なるため1つ1つ丁寧に説明しご理解いただき、安全性を第一に最新医療を提供していきます。平均在院日数は全国値と大きな乖離はありませんが、一部全国値より長いことが示されています。

糖尿病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 63 15.14 16.31 0 63.73
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 49 14.41 14.61 2.04 59.41
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満 14 13.29 12.46 0 65.86
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 46.73 21.25 45.45 84.55
100210xxxxxxxx 低血糖症 - - 6.96 - -
当科では糖尿病と特殊な脂質異常症の治療を積極的に行っています。日本の糖尿病患者は増加の一途をたどり、予備軍も含めると2,000万人を超え、成人の4人に1人に及んでいます。当院ではコントロール不良の糖尿病患者さまに高度で最先端の治療の機会を持っていただくことを目的に「HbA1c」を7%未満にコントロールできた糖尿病患者さまにはかかりつけ医での治療継続をお願いしています。糖尿病の平均在院日数は全国値と大きな乖離はありません。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 25 13.32 16.83 0 67.28
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 10.39 10.71 0 71.61
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 11.08 15.76 0 73.69
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 13 10.46 21.92 0 72.62
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 12 15.25 14.53 0 63.08
当科は埼玉県では数少ない一般病院の血液内科で良性・悪性を問わず、血液内科全般の診断・治療を専門に行います。中でも悪性リンパ腫に対する化学療法実施、骨髄異形成症候群に対する治療が多く年齢等でリスクが大きい場合でも患者さまの気力・体力に合わせた治療計画をご提案します。病状により外来通院での化学療法実施・輸血が可能です。残念ながら根治が望めない場合でも苦痛症状の緩和を積極的に行います。平均在院日数は全国値と大きな乖離はなく、骨髄異形成症候群のアザシチジン使用のケースは全国値より11.5日短いことが示されています。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 22.92 16.54 4.17 68.38
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 30.05 16.73 0 74.85
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 26.05 7.12 5.26 60.05
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 49 19.4 10 77.8
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.76 - -
当科は脳、脊髄、末梢神経、神経筋接合部、筋肉の病気をあつかう内科です。その中でも脳梗塞、脳炎、髄膜炎、脊髄炎、末梢神経疾患の急性炎症性疾患(ギラン・バレー症候群など)とくに早急に治療を要する救急疾患を中心に診療を行っています。超急性期脳梗塞における血栓溶解療法やギラン・バレー症候群の免疫グロブリン大量静注療法や血漿交換など専門的治療にも対応し、最新のエビデンスに基づく医療をご提供しています。神経救急医療のほか神経難病の診断や治療にも取り組んでいます。当院では大学などの施設と連携し、新たな診断法や治療なども積極的に取り入れ診療に当たっています。平均在院日数は全国値より長い傾向が示されています。(※急性期治療を終え回復期リハビリテーション病棟へ転棟した日数も含まれているため)

腫瘍内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 18.67 14.83 0 73.71
060035xx99x40x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 13 5.62 4.24 0 48
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 12.35 - -
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.57 - -
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.41 - -
基本的にすべての癌腫に対応します。がんに対する集学的治療は、手術・放射線治療・化学療法という3本柱を組み合わせて施行されますが、近年の腫瘍内科に求められる役割は化学療法を中心に集学的治療全体をオーガナイズすることにあると考えられます。それぞれの癌腫のそれぞれのステージに対して標準治療といわれるものが確立しており、それを安全に的確に行うことが主目標ですが、21世紀に入ってがん細胞の分子を標的とする薬剤(分子標的薬剤)が次々と開発され臨床の現場に導入されるようになっています。がん治療専門の看護師・薬剤師とともにチーム活動を通して最新の情報を収集し新しい治療法にも迅速に対応できるよう体制を強化していきたいと考えています。平均在院日数は全国値と大きな乖離はありません。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 39 6.26 5.8 0 34.21
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 22 5.68 5.94 0 50.5
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 18 9.56 8.78 0 77.89
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 5.11 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 12.64 - -
当科では全身の体表面(手や顔面の骨を含む)における見た目の変形・機能障害、外傷、皮膚腫瘍などを中心にした保険診療を中心に行っています。一般に形成外科では外傷、先天異常、主要、瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド、難治性潰瘍、機能障害を伴う美容外科疾患(保険診療)を扱っています。当院でもすべての項目の疾患について治療を提供しています。平均在院日数は全国値と大きな乖離はありません。

美容外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 71 2.39 3.44 0 63.85
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 21 2.14 3.46 0 51.29
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり - - 6.77 - -
030390xx970xxx 顔面神経障害 手術あり 手術・処置等1 なし - - 11.39 - -
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1 なし - - 6.19 - -
眼瞼下垂や睫毛内反の手術およびレーザー治療では健康保険で対応できるものもあります。
手術の際は若返りや見た目の美しさを十分に考慮しながら、それぞれの患者さまに対応した治療を心がけています。
短期入院を心がけており平均在院日数は全国値より短いことが示されています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 12 8.17 7.72 0 67.17
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 10 10.3 8.27 0 63.5
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 7.01 - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 10.53 - -
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 - - 9.15 - -
当科では「網膜・硝子体」における疾患、緑内障、白内障、角膜・結膜の疾患などその診断から治療に対応しています。また症状が他疾患に起因する場合、眼科単科では対応不十分なケースでは内科・耳鼻いんこう科・形成外科など他科との連携を行います。健常人が外部から得る情報の80%を眼が占めるという報告もあるため、機能することはもちろん、見え方の質をできるだけ高める治療を行えるよう心がけています。平均在院日数は全国値と大きな乖離はありません。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 24 19.67 11.97 0 76.88
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.37 - -
130111xxxxx0xx アレルギー性紫斑病 手術・処置等2 なし - - 12.44 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.38 - -
当科ではアトピー性皮膚炎などの多くの方が知っている皮膚疾患から、原因がわからない皮膚の発疹やできものなど、皮膚のトラブルに幅広く対応すべく、診療にあたっています。入院で多くみられる急性膿皮症とは細菌感染による皮膚疾患で蜂窩織炎(蜂巣炎)や丹毒が含まれます。平均在院日数は全国値より長いことが示されています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 59 21 23 43 - 36 1 7
大腸癌 40 28 64 49 15 76 1 7
乳癌 44 47 22 - - 45 1 7
肺癌 47 10 24 72 33 47 1 7
肝癌 17 15 - - 12 40 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院には日本がん治療認定医機構のがん治療認定医が計12名在籍しており、5大がんを中心としてそれぞれの診療科領域で幅広くがん診療を行っております。
男女ともに共通して症例数が多いのが大腸がん(結腸・直腸)・肺がん・胃がんで、ほかに男性では前立腺がんや膀胱がん、口腔・咽頭がん、女性では乳がん、悪性リンパ腫、子宮頸がんの症例数が多い傾向にあります。男女ともに70歳代の症例数が一番多く次いで男性は60歳代・80歳代、女性は80歳代・60歳代の順です。

【胃癌】
胃癌の治療では内視鏡治療、手術治療(きずの小さな手術から開腹手術まで)、化学療法と治療のバリエーションは多岐にわたっていますので、癌の進行度と患者さまの全身状態を考慮して消化器内科との合同カンファレンスのもと最も的確な治療を行います。
胃癌の手術の基本は、周囲のリンパ節と一緒に胃を切除する術式となります。 おなかへの到達方法には、腹腔鏡手術というおなかに小さな穴をいくつか開けて行う手術と、開腹手術があります。
胃の切除の種類には、胃の入り口側を切除する噴門側胃切除術、胃の出口側を切除する幽門側胃切除術、胃をすべて切除する胃全摘などの術式があります。胃癌が胃のどの部分にあるか、進行癌か早期癌かによって術式が決まります。

【大腸癌】
進行度0~Ⅲの治療は内視鏡治療または手術治療が基本となります。早期癌には内視鏡治療が選択されます。内視鏡治療のできない早期癌(大きさ、分化度、深達度など)や進行癌には手術治療が選択されます。進行度Ⅳの治療は手術治療と化学療法、放射線治療を組み合わせて行われます。がんの広がりにより組み合わせを決めますが、手術で切除可能ながんは手術治療が第一となります。
低侵襲手術である腹腔鏡下手術を積極的に行っております。腹腔鏡下手術は御高齢の患者さまや心臓病や腎臓病、糖尿病などの持病をお持ちの患者さまにもやさしい治療であり積極的に行っております。
また、直腸癌に関しては治癒率の向上を目的とした術前化学放射線治療と腹腔鏡手術を組み合わせた集学的治療を行っております。

【乳癌】
切除可能な乳癌であれば手術治療、放射線治療、全身薬物治療(ホルモン療法、化学療法、分子標的薬治療)を組み合わせて行います。
認定看護師(乳がん看護、がん化学療法、がん疼痛、緩和ケア)、抗癌剤専任薬剤師、認定マンモグラフィ撮影放射線技師とチームを組み、放射線治療科、放射線診断科、病理科、形成外科と連携し診療にあたっています。

【肺癌】
肺がんの治療では手術治療、化学療法、放射線療法と治療のバリエーションは多岐にわたっており、肺がんの進行度と患者さまの全身状態を考慮して呼吸器内科、腫瘍内科との合同カンファレンスのもと最も的確な治療を行います。
肺がん手術の基本は、リンパ節とともに病巣のある肺葉を取り除く術式(肺葉切除術)となります。ただし、がんが肺をはみ出して、気管支や血管にまで広がっている場合は、やむを得ず片側の肺を全摘出するという選択肢も検討されます。当院では、小さな傷で行う胸腔鏡下手術を積極的に取り入れており、患者さまにとって負担が少ないのと同時に根治性の高い手術を目指しております。
また、がんの性質によって、手術後に抗がん剤による治療をおこなうこともあります。

【肝癌】
血液検査や各種画像診断(超音波検査、3DCT検査、MRI検査、肝シンチグラフィなど)を駆使し、患者さまの状態を詳細に把握したうえで、最適の手術法を選択します。
さらに3D画像構築による術前シミュレーションを行い、詳細な術式検討を行います。
また術中にICGカメラを使用し、切除範囲の決定に役立てています。
肝臓の開腹手術では切開創(手術時のきず)は30㎝以上に及ぶことが多いのですが、当科では傷が小さく、患者さまの負担の軽い腹腔鏡を用いた手術を第一選択としています。基本的に3Dカメラを使用し、立体的にみる事でより正確な操作を可能にしています。腹腔鏡下肝切除術は難易度が高く、未だ一般的ではありませんが、当科は系統的亜区域切除まで腹腔鏡下で行うことができる全国でも数少ない施設のひとつです。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 - - -
中等症 123 19.72 74.72
重症 34 20.94 85.15
超重症 10 34.2 83.3
不明 - - -
わが国の死因3位の肺炎ですが、当院でも高齢者肺炎が増加しています。重症になるほど平均年齢が高くなっています。高齢で合併症を有する肺炎は重症化の危険性も高く、適切な抗生剤の使用や酸素投与などの支持療法が大切となります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 306 52.41 75.54 10.78
その他 28 54.11 74.11 0.9
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 16 10.69 73.88 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院ではI63$脳梗塞に分類される症例の割合が高く、その内約9割の患者さまが発症から3日以内に治療を受けられています。急性期脳梗塞患者さまの平均年齢は75.54歳といわゆる後期高齢者の方が多くなっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 等 714 0.19 1.11 0 66.54
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 109 2.68 14.26 2.75 73.83
K654 内視鏡的消化管止血術 98 0.86 10.98 3.06 69.18
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 92 1.17 6.62 0 68.97
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 61 1.16 7.3 0 69.48
腸の良性腫瘍・早期悪性腫瘍に対する切除術、総胆管結石・胆嚢がんによる胆道狭窄や閉塞に対して行われるステント留置術、消化性潰瘍からの出血に対する消化管止血術の実施が多いです。現在は内視鏡的手技が大きく進歩し、開腹を行わず処置が可能であり消化器内科が積極的に行っています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 143 1.16 1.18 0 69.49
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 127 1.48 4.6 0 60.64
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 74 0.57 4.07 0 37.43
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 57 5.35 11.35 0 71.61
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 50 1.44 1.48 0 70.96
ヘルニア手術、胆嚢摘出術、大腸がん切除術が多く施行されています。低侵襲手術に力を入れており上位4位までの手術は腹腔鏡下によるものです。
他の部位においても低侵襲手術を行っており、平成28年度に実施した手術の約6割が鏡視下によるものです。
主要な疾患別件数は病院HPの外科ページをご参照ください。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 257 1.49 3.67 0.39 60.36
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 176 1.34 5.27 0 72.7
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 168 1.51 4.8 0.6 73.3
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 143 1.51 8.13 0.7 68.97
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 44 1.2 4.77 2.27 65.98
疾患別上位5つで多くみられた尿路結石・前立腺がん・前立腺肥大症・膀胱悪性腫瘍に対する手術が多くみられます。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 154 2.65 44.18 6.49 75.98
K0821 人工関節置換術(膝) 等 95 2.55 37.05 0 71.72
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 83 4.65 25.05 0 54.02
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 等 64 1.05 2.86 0 39.42
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 60 4.35 42.38 6.67 80.17
大腿骨骨折手術が整形外科の主な手術です。平均年齢75.98歳と高齢の方ですが、術後急性期病棟からリハビリ治療主体の回復期リハビリ病棟に転棟され多くの方が在宅退院されています。
平均術後日数が長いのは、急性期治療を終え回復期リハビリ病棟へ転棟してからの日数も含んでいるためです。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 232 1.39 2.53 0 69.05
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 84 5.36 9.38 1.19 74.7
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 77 1.47 3.16 0 66.31
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 68 0.15 17.19 2.94 66.19
K597-2 ペースメーカー交換術 63 1.03 4.16 0 77.73
狭心症・心筋梗塞に対する経皮的冠動脈形成術が多く、心血管疾患への対応ができていると思われます。当院には心臓血管外科もございますので、合併症等の問題が生じた際も速やかな対応が可能です。

耳鼻いんこう科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 43 1 6.21 0 26.35
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 26 0.96 4.62 0 54.73
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 25 1.04 2.56 0 63.48
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 20 0.25 5 0 40.75
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) 19 1 1.95 0 46.84
疾患別上位5つで多くみられた慢性副鼻腔炎、扁桃炎・咽頭喉頭炎、頭頚部がんに対する手術が多くみられます。
扁桃摘出術については平均年齢が26.35歳と若年層に多く施行されています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K877 子宮全摘術 95 2.04 8.22 0 47.96
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 82 3 7.66 0 33.16
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 51 5.86 7.9 0 31.61
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 47 1 0.02 0 33.66
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 30 1.47 9.87 0 39.97
分娩に関連する帝王切開が多くみられます。当院ではさまざまな合併症を伴ったリスクの高い帝王切開による分娩も積極的に受け入れています。
子宮全摘術は、子宮筋腫に代表される良性疾患で行われています。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 167 0.41 1.33 5.39 73.91
K610-3 内シャント設置術 105 7.56 6.01 8.57 71.57
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
透析を行うために必要な内シャント設置術、血栓による閉塞で使用できなくなった内シャントに対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術を多く行っています。
IgA腎症に対する扁桃腺摘出術+ステロイドパルス療法も行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 37 0.35 1 0 65.92
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 21 9.67 18.43 0 71.33
K5943 不整脈手術(メイズ手術) 18 1.94 16.83 0 69.61
K5541 弁形成術(1弁のもの) 15 2.07 17.53 0 61.87
K5602 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(弓部大動脈) 13 1.08 37.38 0 67.31
下肢静脈瘤、弁膜症、大動脈瘤で入院される患者さまが多いためこれらに関連する手術の実施を多く行っています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 49 3.86 16.02 4.08 79.47
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 24 9.33 27.42 12.5 61.46
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 21 0.86 43.43 9.52 57.1
K1742 水頭症手術(シャント手術) 15 17.33 46.2 20 75.73
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 12 2.08 93.67 16.67 69.58
外傷による慢性硬膜下血腫や非外傷性脳内出血に対して洗浄術や血腫除去術を行っています。
平均術後日数が長いのは、急性期治療を終え回復期リハビリ病棟へ転棟してからの日数も含んでいるためです。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 119 1.15 1 0 76.97
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 35 1.14 6.46 0 64.66
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートのないもの) - - - - -
水晶体再建術が大半を占めます。白内障に対する手術のため平均年齢も76.97歳と高齢の方が多くなっています。
当院では硝子体手術も日帰りで実施しております。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K333 鼻骨骨折整復固定術 25 1 3.96 0 25.6
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 23 1 4.22 0 49.87
K0152 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術(25以上100未満) 12 2 6.75 0 68.67
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
腫瘍の形態や部位、患者さまの状態により外来では行うことが出来ない皮膚・皮下腫瘍や皮膚の悪性腫瘍切除術を行っています。

美容外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 70 0 1.4 0 63.59
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 14 0 1 0 49.36
K0081 腋臭症手術(皮弁法) - - - - -
K0111 顔面神経麻痺形成手術(静的なもの) - - - - -
K223-2 内眥形成術 - - - - -
眼瞼下垂、眼瞼内反症の手術が多くなっています。
入院期間も約2日となっています。

総合診療科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 22 20.09 16.77 27.27 78.36
K386 気管切開術 - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
当院では高齢者で嚥下機能が低下している患者さまが多く、その一部では慎重に適応を決めて胃瘻造設術を行っています。

腫瘍内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 13 2 2.85 0 70.31
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
主に緩和ケアの患者さまを対象に胸水や腹水を濃縮して血液中に戻す治療をしています。
それによって症状が緩和され身体機能の向上が期待されます。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 1 1 0 3.52
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) - - - - -
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) - - - - -
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
鼠径ヘルニアに対する治療がメインとなっています。

神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 57.18 39.73 9.09 79.82
K386 気管切開術 - - - - -
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーンによるもの) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
脳梗塞による嚥下機能が低下している患者さまの一部では慎重に適応を決めて胃瘻造設術を行っています。
胃瘻造設術は外科医と協力して安全に試行しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 22 0.15
180010 敗血症 同一 52 0.36
異なる 52 0.36
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 242 1.65
異なる - -
「入院契機と同一」とは、入院した時に各傷病名欄の疾患と診断されている患者さまであり、「入院契機と異なる」とは、入院した時には別の病気で入院したが、その後に各傷病名欄の状態となり、入院時の疾患よりもそれらの治療により多くの医療資源が必要となった場合を意味しています。 
肝損傷などの重篤な外傷や、肝臓がんや膵がん、肺がんあるいは心臓血管外科疾患などの大手術後に血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固症候群がおこることがあります。また、色々な感染症などから血液中に病原菌が入り敗血症になり、これが原因で播種性血管内凝固症候群がおこることもあります。
当院は数多くの併存症を持った患者さまの手術を行っています。このためこれら手術後に播種性血管内凝固症候群を合併することもあります。  
手術・処置等の合併症では242名が入院していますが、これは腎臓内科の入院治療で、透析を行うために必要なシャントが血栓などで閉塞し使用できなくなり、その治療(経皮的シャント拡張術・血栓除去術)を行う患者さまが多いためです。

更新履歴

初版作成

このページの先頭に戻る