HOME > 私達の経験 > 学会情報

私達の経験

先生

2018年2月11日 update

第13回 日本心臓血管3次元モデル研究会で研究発表を行いました

2/9に第13回日本心臓血管三次元モデル研究会が大阪で開催され, 「大動脈基部3次元モデルによる大動脈弁尖再建術の手術経験」という発表をさせて頂きました。本研究会では近年, 臨床応用が注目されている心臓血管領域における3Dプリント技術の有用性に関して活発な議論がなされ, 大変興味深い内容でした. 他施設の先生方からは当院の研究に関しても多くのご指摘, ご質問を頂きました. 今後の臨床研究の発...

▶続きを読む

先生

2017年12月17日 update

第31回日本冠疾患学会のハートチームシンポジウムで発表しました。

2017年12月15、16日に大阪で行われた第31回日本冠疾患学会学術集会のハートチームシンポジウム「この症例をどうする?」で発表しました。「他領域手術を控えた重症冠動脈病変合併症例に対するMICS CABG」と題して、当院で積極的に施行している左小開胸で行う冠動脈バイパス手術を紹介しました。

▶続きを読む

先生

2017年12月12日 update

第70回日本胸部外科学会定期学術集会での発表が優秀演題に選出されました

第70回日本胸部外科学会定期学術集会にて、”大動脈基部STJを基準とする自己心膜大動脈弁尖再建術の標準化”という演題発表を行いました。この度、座長の先生方による審査の結果、本演題が優秀演題に推薦されました。当科では3D Hologram (3次元立体映像)という新しい技術の臨床研究を進めており、大動脈弁尖再建術(自分の心膜を使用して新たに大動脈弁を再建する手術)に応用...

▶続きを読む

先生

2017年10月8日 update

第65回日本心臓病学会学術集会で演題発表を行いました

10/1に日本心臓病学会にて「3D-Hologram画像解析Workstation “Vesalius 3D”を用いた自己心膜による大動脈弁尖再建術の解剖学的妥当性の評価」というポスター発表を行いました。当院で行っている自己心膜大動脈弁尖再建術では、心臓CTデータから3D Hologramを作り出す最先端のWorkstation「Vesalius 3D」を用いる事で、極めて高い手術成功率を治...

▶続きを読む

先生

2017年10月8日 update

第70回日本胸部外科学会定期学術集会で「自己心膜大動脈弁尖再建術」の演題発表を行いました

9/27に第70回日本胸部外科学会にて「大動脈基部STJを基準とする自己心膜大動脈弁尖再建術の標準化」というポスター発表を行いました。自己心膜を使った大動脈弁尖再建手術は、大動脈弁疾患に対する手術治療の重要な選択肢の一つです。今回は本手術手技の詳細に関して、非常に高い手術成功率を維持するための「術式標準化」という観点からご報告を致しました。会場には非常に多くの先生方が発表を聞きに来られ、「非...

▶続きを読む