HOME > 私達の経験 > 学会情報

私達の経験

先生

2017年10月8日 update

第65回日本心臓病学会学術集会で演題発表を行いました

10/1に日本心臓病学会にて「3D-Hologram画像解析Workstation “Vesalius 3D”を用いた自己心膜による大動脈弁尖再建術の解剖学的妥当性の評価」というポスター発表を行いました。当院で行っている自己心膜大動脈弁尖再建術では、心臓CTデータから3D Hologramを作り出す最先端のWorkstation「Vesalius 3D」を用いる事で、極めて高い手術成功率を治...

▶続きを読む

先生

2017年10月8日 update

第70回日本胸部外科学会定期学術集会で「自己心膜大動脈弁尖再建術」の演題発表を行いました

9/27に第70回日本胸部外科学会にて「大動脈基部STJを基準とする自己心膜大動脈弁尖再建術の標準化」というポスター発表を行いました。自己心膜を使った大動脈弁尖再建手術は、大動脈弁疾患に対する手術治療の重要な選択肢の一つです。今回は本手術手技の詳細に関して、非常に高い手術成功率を維持するための「術式標準化」という観点からご報告を致しました。会場には非常に多くの先生方が発表を聞きに来られ、「非...

▶続きを読む

先生

2017年9月9日 update

第245回 日本循環器学会関東甲信越地方会で演題発表を行いました

9月9日にステーションコンファレンス東京にて「二尖弁大動脈弁狭窄症に対するステントレス生体弁置換術における術前三次元計測の有用性」という演題発表を行いました。当院では大動脈弁置換術(大動脈弁を人工弁に取り換える手術)において、新しいステントレス生体弁(SOLO SMART)を積極的に使用しています。二尖弁大動脈弁の患者様に対するステントレス生体弁置換術は非常に難しいと言われていますが、現在臨...

▶続きを読む

先生

2017年4月21日 update

第45回日本血管外科学会学術総会で発表しました。

第45回日本血管外科学会学術集会(2017年4月19-21日@広島)において「急性A型大動脈解離に対する積極的弓部置換術の妥当性」と題して、治療成績について報告しました。 また3月まで在籍していた田中医師も「腹腔動脈をカバーしてステントグラフトを留置することで救命しえた仮性動脈瘤破裂2例」と題し、ポスター発表しました。

▶続きを読む

先生

2017年4月6日 update

第25回アジア心臓胸部外科学会で発表を行いました。

3月23日~26日に韓国ソウルにて第25回アジア心臓胸部外科学会 (ASCVTS 2017)が開催され、「Accurate anatomic evaluation of the aortic root using three-dimensional printing models in aortic valve surgery」という演題のポスター発表を行いました。現在、当院で臨床研究を進め...

▶続きを読む