HOME > 病気を知る

病気を知る

虚血性心疾患

虚血性心疾患(狭心症/心筋梗塞)

きょけつせいしんしっかん

虚血とは、臓器に十分な血液が供給されていなことを示します。
心臓を栄養する冠動脈の狭窄や閉塞のため心筋に血液が送りにくくなり、心臓の機能障害に陥ることを、虚血性心疾患といいます。冠動脈は、大きく分けて3本の枝があります。それぞれの枝がそれぞれ心臓の部位を受け持っています。
障害をうける冠動脈の枝によって、不整脈がでたり心不全になったりと病態は様々です。
このように狭心症や心筋梗塞は冠動脈に原因があるために冠動脈疾患とも総称されます。

続きを見る

pdfダウンロード

感染性心内膜炎

虚血性心疾患-冠動脈インターベンション

きょけつけいしんしっかん-かんどうみゃくいんたーべーしょん

冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention: PCI)は虚血性心疾患の治療の一つで、狭くなったり(狭窄)詰まったり(閉塞)した冠動脈をカテーテルという細い管を用いて治療する方法です。カテーテル用いて治療する方法ですので全身麻酔は必要とせず、局所麻酔で行います。

続きを見る

pdfダウンロード

大動脈弁疾患

大動脈弁疾患(大動脈弁狭窄症/大動脈弁閉鎖不全症)

だいどうみゃくべんしっかん

心臓には通常4つの部屋があります。それぞれの部屋の出口には逆流防止弁があり心臓が収縮拡張を繰り返すことによって大変効率よく血液を送り出すことができます。
大動脈弁は左心室と大動脈の間にあります。3つの半月状の極めて薄い膜状の弁尖で構成されており、この弁が狭くなったり、うまく閉まらなくなることによって心臓に様々な不具合が生じてしまいます。
加齢や動脈硬化の進行が原因とされる大動脈弁狭窄症や弁尖の構造的破綻による大動脈弁閉鎖不全症が代表的な疾患です。

続きを見る

pdfダウンロード

僧帽弁疾患

僧帽弁疾患(僧帽弁狭窄症/僧帽弁閉鎖不全症)

そうぼうべんしっかん

肺で二酸化炭素と酸素が交換されて酸素を十分蓄えた血液は、左心房という心臓のお部屋に戻ってきます。左心房と左心室の間には"僧帽弁"という名前の逆流防止弁がついています。
僧帽弁は、前尖と後尖の2つの弁尖が僧帽弁輪から発生し、それに続く何本もの腱索は左心室の乳頭筋に付着しています。
以前は日本でも罹患率の高かったリウマチ熱の後遺症として多かった僧帽弁狭窄症と腱索の断裂や弁尖の組織学的変化で発生する僧帽弁閉鎖不全症が代表的です。

続きを見る

pdfダウンロード

大動脈疾患

大動脈疾患(大動脈瘤/大動脈解離)

だいどうみゃくしっかん

大動脈は心臓から全身に血液を届ける動脈の本幹で、頭の方に向かう"上行大動脈"と足に向かう"下行大動脈"、その間で上半身への重要な動脈を分枝する大動脈弓に分けられます。
下行大動脈は横隔膜を堺に、お臍のあたりで左右に分かれるまでを腹部大動脈と呼ばれます。
動脈硬化の影響をうけて血管壁が瘤状に変化すると大動脈瘤という病気になります。
3層構造の大動脈壁の内膜に亀裂が生じて、中膜が二層に割れる病態を大動脈解離といいます。本来の血管内腔とは別の血流路ができ血流障害や壁が薄くなるために破裂する疾患です。

続きを見る

pdfダウンロード

感染性心内膜炎

感染性心内膜炎

かんせんせいしんないまくえん

感染性心内膜炎は、心臓の心内膜面(血液と接触する面、内側)に細菌や真菌などが感染巣を形成し、菌血症を伴う心臓弁の炎症性破壊を起こす疾患です。
弁膜症が急激に発症するために、急性心不全に陥ることも少なくありません。
また、塞栓症や様々な合併症を引き起こす危険があります。抜歯や泌尿器科、耳鼻科などの処置が誘因となる場合もありますが、感染経路が特定できない場合もあります。

続きを見る

pdfダウンロード

感染性心内膜炎

不整脈

ふせいみゃく

心臓の拍動が正常とは異なる部位から興奮したり、正常とは異なる伝導をしたりすることを不整脈といいます。不整脈には生命の危機の危険があるため治療が必要なこともあれば、経過観察のみで充分なものもあります。不整脈の症状は動悸や失神など様々ですが、なかには症状がはっきりしないものもあります。
だからこそ、一度治療をすべきかどうか専門医による精密検査が必要です。

続きを見る

pdfダウンロード