HOME > 最新治療法

最新治療法

低侵襲心臓手術

低侵襲心臓手術

ていしんしゅうしんぞうしゅじゅつ

少しでも侵襲を軽くして術後により早く社会復帰できることを目的とした心臓手術方法です。外科手術は患者に多少なりとも侵襲を加えなければなりません。その侵襲と引き替えに患者に良いことを施すことで手術が成り立っています。

続きを見る

pdfダウンロード

ステントグラフト留置術

ステントグラフト留置術

すてんとぐらふとりゅうちじゅつ

開胸、開腹手術は、実績もあり確実な方法として現在でも数多く行われています。しかし、ご高齢で体力が低下している方、呼吸機能が悪く長時間の手術ではリスクが高いと思われる方の場合、手術後の合併症、例えば肺炎など、に見舞われることもあります。そのような一般的な手術ではリスクが高いと判断された場合、大動脈瘤の場所と形しだいでは胸やおなかを大きく開かなくてもよい治療法があります。それがステントグラフト留置術という方法です。

続きを見る

pdfダウンロード

TAVI

TAVI

たび

TAVI(タビ)とはTranscatheter Aortic Valve Implantation の略語で、「経カテーテル的大動脈弁植え込み術」といいます。Transcatheter Aortic Valve Replacement (TAVR)といわれることもあります。フランスで開発され2002 年に初めて臨床応用に成功して以降(アラン・クリビエ医師)、海外では2014年8月までに、10万例以上の患者に行われてきている画期的な治療法です。基本的には胸を開けることなく心臓を止めずに、カテーテルによる治療のため、患者への負担を従来の手術に比べ大幅に軽減します。

続きを見る

pdfダウンロード

ダヴィンチ ロボット手術

ダヴィンチロボット手術

だゔぃんちろぼっとしゅじゅつ

ロボット支援による低侵襲外科手術です。心臓手術分野では、僧帽弁手術、心房中隔閉鎖術、バイパス手術で使用されています。日本では2014年現在で心臓手術分野での保険適応の認可が得られていません。ただし、胸部外科手技としては薬事認可されているので、内胸動脈剥離に用いることや自費診療での僧帽弁手術への応用は可能です。私たちのチームは2014年から導入してMID-CABやOPCABにおける内胸動脈剥離に用いています。

続きを見る

pdfダウンロード

心臓リハビリテーション

しんぞうりはびりてーしょん

心臓外科手術の術後や心筋梗塞の回復期、心機能が低下している心不全は心臓リハビリテーションが行われます。リハビリテーションという言葉からは脳卒中や怪我の後の機能回復のための訓練というイメージがあるかもしれませんが、心臓リハビリテーションは、弱っている心臓の機能を回復させることはもちろんのこと、さらに全身の血液循環・新陳代謝を改善させて、病気の再発を予防し、肉体的にも精神的にも健康な生活を取り戻すことを目的としています。

続きを見る

pdfダウンロード

心房細動治療

しんぼうさいどうちりょう

心房細動はよく見受ける不整脈ですが、とても危険な不整脈です。それは心臓病というよりは脳梗塞などの致死的血栓塞栓症の原因として重要だからです。心房が細かく震えることにより左心房内の血流が淀み、左心房、特に"左心耳"という場所に血栓が作られ、脳などの重要な臓器に流れてしまいます。脳梗塞全体の約20%が、心房細動を原因としています。

続きを見る

pdfダウンロード