文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

お知らせ

病院からのお知らせ

中村記念講堂でレコーディングが行われたドラマが、国際的な賞を受賞しました。

Image

上尾中央総合病院の中村記念講堂には、一台のピアノがあります。

当院の開設と同じ1964年に作られた、ヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイです。

当院が培ってきた50年以上の歴史を、音楽という形で職員自身に感じて欲しいと考え、1964年に製造されたニューヨーク・スタインウェイを特別に探し出し、海外より輸入いたしました。

音楽は共感を与え感動を生みます。この感動が人の心を癒したり、喜びを与えたりするのではないでしょうか。当院は病院として医療を提供することにとどまらず、上尾市や地域の方々に対して、音楽をはじめとする様々な文化の発信拠点としても貢献していきたいという目標に向けて歩み始めています。

そんな思いに共感していただいたピアニスト・作曲家の稲本響さんは当院と深い関わりがあり、数々の話題の映画・舞台・ドラマ・CMの作曲・音楽監督を手掛けておられます。2017年にWOWOWで放送された連続ドラマW【北斗‐ある殺人者の回心‐】の作曲・音楽監督も稲本さんが務めておられ、そのドラマで使用される全ての音楽のレコーディングが当院の中村記念講堂で行われました。

そしてこの度、同作品が世界最大の国際テレビ番組の祭典の1つであるバンフ・ワールド・メディア・フェスティバルにおいて「ロッキー賞」ドラマシリーズ部門(Non English Language)を受賞しました。

大変栄誉ある賞の受賞に関して、上尾中央総合病院が微力ではありますが携わることができたことを大変光栄に感じています。 これからも文化の発信拠点として様々な形で貢献して参りたいと思います。

ドラマのWOWOW公式サイトはこちらからご覧ください。
バンフ・ワールド・メディア・フェスティバルの公式サイトはこちらからご覧ください。(英文)

このページの先頭に戻る