文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

お知らせ

病院からのお知らせ

災害拠点病院に1月1日付で指定されました。

上尾中央総合病院は、2019年1月1日付で、災害拠点病院に指定されました。

災害拠点病院とは、地震など、多くの負傷者が発生した災害時に、主に重症者と中等症者(ただちに処置しないと、命にかかわる状態の方や、特殊な治療を必要とする方)の収容・治療を行うことを目的として、都道府県が認可する医療機関です。 限られた数の医療従事者や医薬品で、1人でも多くの傷病者の治療にあたるため、医療機関等の機能に応じて、役割分担をおこなう仕組みです。

災害拠点病院は主に『重篤救急患者の救命をおこなうための高度診療』『患者等の広域搬送(受入および搬出)』『DMAT(自己完結型の医療救護チーム)の派遣』『地域の医療機関などへの応急用器資材の貸し出し』を行います。 上尾中央総合病院は、大規模災害発生時には、近隣の医療機関や救護所と連携して救命に尽力いたします。

このページの先頭に戻る