AMG耳鼻咽喉科専門研修プログラム

科の概要

地域に貢献する医療

当科は地域における耳鼻咽喉科、頭頸部外科診療の中核病院として救急疾患から頭頸部癌までの幅広い疾患に対応できる。 基本的な知識と診療技術を学び耳鼻咽喉科の標準的医療ができるように教育を行う。さらに専門的分野への理解を深め、最終的には各自が当該分野での専門家になり地域医療に貢献できることを目標とする。

耳鼻咽喉科の全分野に専門家を有する

耳鼻咽喉科は聴覚、平衡覚、味覚、嗅覚などの感覚機能に加え、呼吸や嚥下、音声・言語機能などの生きていくための基本的な機能に関わっている。さらに頭頸部領域の悪性腫瘍では、他科領域と連携し集学的治療を行っている。どの分野においても偏りなく症例を経験することができる。

豊富な症例経験数で即戦力のある専門医を育成する

基幹施設および関連施設における外来症例、手術件数ともにプログラムが定める到達目標を遥かに超えている。本プログラムは、研修終了時に基本的疾患の治療に関しては独り立ちできていることを前提としたカリキュラムである。

都内大学病院を関連施設とし、基本的な臨床知識と手技を身に付けることができる

当科は基幹施設である上尾中央総合病院の他に日本大学板橋病院を関連病院としている。大学病院では基本的な臨床知識と手技を身に付け、当科では高度な手術手技を含めた実戦力を身に付けることができる。耳鼻咽喉科におけるすべての分野において質の高い医療を提供することができる医師を育成することが、当専門研修プログラムの目指すところである。

学術面でのサポート体制も整っている

この研修プログラムは、日本専門医機構が定めた耳鼻咽喉科専門研修施設の医療設備基準をすべて満たしており、日本専門医機構に認定されている。研修の評価や経験症例の登録は日耳鼻による耳鼻咽喉科領域のオンライン登録で行う。定められた研修到達目標は4年間の研修終了時に全て達成される。研修中の評価は施設毎の指導管理責任者、指導医、専攻医が行い、最終評価をプログラム責任者が行う。4年間の研修中に規定された学会で2回以上の発表を行い、また、筆頭著者として学術雑誌に1編以上の論文執筆を行う。

専門研修プログラム管理委員会の設置

本プログラムの管理、評価、改良を行う委員会が設置されている。(構成委員:院長、 科長、関連施設の指導管理責任者、プログラム担当者)(10.専門研修プログラム管理委員会について、を参照のこと)

関連施設・指導医と専門領域

  • 基幹施設:上尾中央総合病院
  • 関連施設Ⅰ(1施設):日本大学板橋病院

施設名と概要

施設名 所在地 指導医 年間手術数 施設の特徴
基幹施設 上尾中央総合病院 埼玉県上尾市 8名 870件
  • 専門性の高い最先端医療
  • 頭頸部癌の豊富な症例数、高度な手術手技
  • 耳鼻咽喉科全領域の疾患経験
  • 希少症例の経験
  • 救急疾患多数
関連施設Ⅰ 日本大学医学部付属板橋病院 東京都板橋区 7名 870件
  • 大学病院として専門性の高い最先端医療
  • 耳鼻咽喉科全領域の基本知識、手技の習得
  • 指導医や専門医が複数在籍しており、質の高い研修を行える

*手術数は10未満切り捨て

基幹研修施設:上尾中央総合病院(埼玉県上尾市)

プログラム責任者: 徳永英吉(院長)
指導管理責任者: 徳永英吉(院長)
副責任者: 西嶌渡(頭頸部外科 科長)
大崎政海(耳鼻咽喉科 科長)
指導医: 徳永英吉(院長:耳科 鼻副鼻腔 頭頸部)
西嶌渡(科長:頭頸部)
大崎政海(科長:頭頸部)
原睦子(耳科)
肥田修(副科長:鼻副鼻腔)
肥田和恵(口腔咽頭喉頭)
中島正己(医長:睡眠障害 口腔咽頭喉頭)
三ツ村一浩(医長:頭頸部)

関連施設(*指導管理責任者)

関連施設Ⅰ

大学病院本院
1)日本大学板橋病院(東京都板橋区)

  • 大島猛史(教授:耳科)*
  • 古阪徹(教授:頭頸部)
  • 鴫原俊太郎(准教授:耳科 平衡 聴覚)
  • 野村泰之(准教授:耳科 平衡 鼻副鼻腔)
  • 増田毅(助教:平衡 聴覚)
  • 田中真琴(助教:味覚)
  • 岸博行(助教:顔面神経)

症例数

基幹施設按分後の手術症例数は、耳科手術:105件、鼻科手術:129件、口腔咽喉頭手術:244件、頭頸部手術:331件である。
以上の内容を以下に表で示す。

分野 副項目 目標数
助手または執刀 耳科手術 20例以上 105件
鼻科手術 内視鏡下鼻副鼻腔手術 40例以上 87件
口腔咽喉頭手術40例以上 扁桃摘出術 15例以上 110件
舌・口腔・咽喉腫瘍摘出術 5例以上 5例以上
喉頭微細手術 15例以上 49件
嚥下機能改善手術・誤嚥防止術・音声機能改善手術 5例以上 20例
頭頸部腫瘍手術30例以上 頸部郭清術 10例以上 72件
頭頸部腫瘍摘出術 20例以上 122件
術者として経験 扁桃摘出術 10例以上 110件
鼓膜チューブ挿入 10例以上 50件
喉頭微細手術 10例以上 49件
内視鏡下鼻副鼻腔手術 20例以上 87件
気管切開術 5例以上 80件
良性腫瘍摘出術 10例以上 78件

以上より、最小値(内視鏡下鼻副鼻腔手術の件数からの算出:2名)から考慮して、今年度は2名の専攻医を募集する。

基本的研修プラン

本プログラムは1つの基幹研修施設と、1か所の関連施設で施行される。

4年間の共通事項

  • 基幹施設でカンファレンスを行っているので出席する。
    カンファレンス内容
  • 前週に行われた手術の報告と反省
  • 翌週に行われる予定手術の検討
  • 悪性腫瘍症例の治療方針に関する検討
  • 診断・治療に難渋する症例の検討
  • 耳鼻科関連も含めた医療全体の重要な連絡事項の周知等
  • 放射線治療科との合同カンファレンス
  • 放射線診断科との合同カンファレンス

【週間スケジュール例】

午前 専門外来 手術 手術 手術 抄読会 病棟業務
科長回診
午後 検査 専門外来 手術 検査 専門外来 (休み)
病棟業務 手術 手術
  • その他の必要な当直業務を行う。
  • 休みに関しては、チーム内で他のスタッフと日程調整をして曜日を決める。
  • 各施設主催の講習(医療安全、感染対策、医療倫理、各種FD等)に規定数参加する。
  • 夏期・冬期休暇あり。
  • カンファレンスや勉強会への積極的な参加を推奨する。

到達目標

専攻医は4年間の研修期間中に基本姿勢態度・耳領域、鼻・副鼻腔領域、口腔咽頭喉頭領域、頭頸部腫瘍領域の疾患について、定められた研修到達目標を達成しなければならない。(詳細はプログラム冊子にて)

  • 医師としてのプロ意識を持ち、全人的な医療を行うとともに社会的な視点も併せて持ち、リーダーとして医療チームを牽引していく能力を持つ。
  • 耳・鼻副鼻腔・口腔咽喉頭・頭頸部領域に及ぶ疾患の標準的な診断、外科的内科的治療を行うことができる。
  • 小児から高齢者に及ぶ患者を扱うことができる。
  • 高度急性期病院から地域の医療活動まで幅広い重症度の疾患に対応できる。
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の臨床研究、学術発表を行い、医学・医療のさらなる発展に貢献することができる。

印刷用PDFファイルが下記よりダウンロードできます。

平成29年度 AMG 耳鼻咽喉科 専門研修プログラム

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
下のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードし、インストールしてください。
Adobe Reader

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
  • 携帯電話等で迷惑メール設定をされている方は返信が届かない可能性がありますのでドメイン解除をお願い申し上げます。

連絡先

担当者:人事課 臨床研修担当 伊藤・佐久間
Mail:ishi_jinji@ach.or.jp
TEL:048-773-1111(内線7602)
FAX:048-773-7122

このページの先頭に戻る