文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

初期臨床研修-研修プログラム

研修プログラムの特徴

2年間、どの科をどのようにローテートしたらよいのか、研修開始時にはなかなかわかりにくいものです。将来の専攻科が未定である、あるいはこの科に絶対に進みたい、それぞれが様々な目標をもって臨床研修をスタートします。当院ではローテーション決定の際に、基本的な臨床能力を習得することはもちろん、さら には将来の専攻科への基礎となるように、臨床研修委員会・指導医・先輩研修医とともにディスカッションする場を設けています。先輩の研修医は各科の研修の特徴、あるいは欠点まで詳しく話してくれるでしょう。また、2年間のいずれの時期においても明確な目標があればローテーションの変更も可能としています。

必修科目並びに選択可能科目

必修科目

内科系
(内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科
脳神経内科、腎臓内科、腫瘍内科、総合診療科)
24週
救急部門 12週
外科
※1か月は外科を必須として1か月については
外科系(外科、整形外科、形成外科、脳神経外科
心臓血管外科、耳鼻いんこう科、泌尿器科)
の中から選択できる。
8週
小児科 4週
産婦人科 4週
精神科
※県立精神医療センターで研修を行う
4週
地域医療 4週
麻酔科 8週

選択科目

糖尿病内科、血液内科、呼吸器内科、消化器内科
循環器内科、脳神経内科、腎臓内科、腫瘍内科
総合診療科、小児科、外科、整形外科、形成外科
脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科
泌尿器科、眼科、産婦人科、耳鼻いんこう科
麻酔科、放射線診断科
臨床検査科、救急科、病理診断科、地域医療
36週
  • 精神科については、埼玉県立精神医療センターにて研修を行います。

研修スケジュール

研修スケジュール(見本)

研修スケジュール(見本)

研修スケジュール(見本)

研修スケジュール(見本)

研修スケジュール(見本)

研修スケジュール(見本)

離島研修について

地域研修(必修1か月・選択1か月)の期間を利用して、北海道、鹿児島県、沖縄県、岡山県、香川県などのへき地・離島や宮城県の被災地での研修を行うことができます。1年次の秋ごろから研修希望先の聴取や面談を行い、2年次に研修先に送り出します。

2019 2018 2017 2016 2015
帯広 2 1 0 2 3
静内 1 0 0 1 0
気仙沼 1 1 1 2 2
輪島市 2 2
沼田市 0 1
秩父郡皆野 0 0 0 0 0
小豆島 1 2 1 1 3
岡山県 2 4 3 3 4
奄美大島 2 1 2 1 0
徳之島 2 2 1 0 1
与論 2 2 2 2 0
宮古島 0 0 2 2 2
石垣島 2 2 1 1 0
離島研修について

このページの先頭に戻る