文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

糖尿病内科

糖代謝

電解質代謝

脂質代謝

  • 糖代謝と電解質代謝
    日本でトップレベルの教育を行えます。
  • 脂質代謝
    世界でトップレベルの教育を行えます。
  • 埼玉県で唯一の家族性高コレステロール血症症例の受け入れ病院です。
    (動脈硬化学会)

糖尿病内科 プログラムの特徴

  • 1症例に2-3人の医師が受け持つ体制を取っております。
  • 毎週抄読会・レクチャー・症例カンファランスを行っております。
  • 入院患者の受け持ち医となり指導医とともに患者を受け持ち、診療計画を自ら立案し診断・治療を行います。
  • 糖尿病内科カンファレンスに参加し、多方面から情報交換を共有することで診療・治療に役立てていただきます。
  • 糖尿病内科レクチャーに参加し、糖尿病・代謝学分野の知識を身につけていただきます。
  • 血液内科・糖尿病内科・呼吸器内科合同カンファレンスにて担当患者のプレゼンテーションを行うことにより、プレゼンテーション能力の向上を目指します。
  • 糖尿病内科抄読会で糖尿病・代謝分野の欧米論文の抄読を行います。
  • 糖尿病教室に参加し、糖尿病教室の担当や糖尿病医療チームの会合と患者会に参加します。

週間研修スケジュール

午前 午後 夜間
病棟業務 病棟業務 専門内科合同
カンファレンス
カンファレンスレクチャー
抄読会
回診
病棟業務 病棟業務
病棟業務 病棟業務
病棟業務 病棟業務
病棟業務
インスリン治療
患者指導教室
  • 月~金 15:00~16:00 生活習慣病教室
  • 受け持ち症例の検討は適宜、糖尿病指導医・動脈硬化指導医と行う。

研修目標

  1. 糖尿病の病型分類とその診断基準(糖尿病学会勧告内容)を熟知し、糖尿病の診断を行えるようにする。診断に必要な検査を習得する。
    また、重症度(境界型から糖尿病昏睡にいたるまで)の評価と診断を行えるようにする。
  2. 個々の患者に適した治療目標の設定が行えるようにする。
  3. 食事療法の理論と実際の知識を習得・実施しその効果が評価できるようにする。
  4. 運動療法の理論と実際の知識を習得・実施しその効果が評価できるようにする。
  5. インスリン療法(1型糖尿病・2型糖尿病・その他に区別して)の理論と実際の知識を習得・実施しその効果が評価できるようにする。
  6. 低血糖に関する正しい知識を習得し、対応ができるようにする。
  7. 糖尿病の薬物療法の理論と実際の知識を習得する。
  8. 脂質異常症の病態の理解と治療方法を習得する。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
  • 携帯電話等で迷惑メール設定をされている方は返信が届かない可能性がありますのでドメイン解除をお願い申し上げます。

連絡先

担当者:人事課 臨床研修担当 伊藤・佐久間
Mail:ishi_jinji@ach.or.jp
TEL:048-773-1111(内線7602)
FAX:048-773-7122

このページの先頭に戻る