文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

腎臓内科

幅広い
腎関連分野
を網羅

バスキュラー
アクセスの
作製と管理

充実した
指導体制

  • 幅広い腎関連分野を網羅
    腎疾患のみならず、全身性疾患の腎障害、透析患者の合併症、血液浄化療法の適応・手技について学ぶことができます。
  • バスキュラーアクセスの作製と管理
    透析療法に必要なバスキュラーアクセスは当科にて作製しています。
  • 充実した指導体制
    日本腎臓学会、日本透析医学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会の教育認定施設となっており、指導医・専門医が多数在籍しています。

腎臓内科 プログラムの特徴

  • 慢性腎臓病対策ならびに末期腎不全に進行した患者の透析導入、さらには長期維持透析中の合併症に対する治療を行っています。腎炎・ネフローゼ症候群に対しても力をいれており、腎生検の技術と診断術も習得できます。
  • 慢性腎臓病のほか急性腎障害や水電解質・酸塩基平衡異常の症例も数多く経験できます。
  • 血液浄化療法室では透析療法以外にも血液吸着療法、血漿交換療法などの幅広い血液浄化療法の適応・手技について学ぶことができます。心腎相関という概念で示されるように慢性腎臓病と他臓器との関係を通じ、他分野についての理解も深められます。

週間研修スケジュール

午前 午後 夜間
シャント手術 病棟業務
病棟業務 透析カンファレンス
腎生検
血液浄化療法室業務 腎臓内科カンファレンス
腎生検
病棟業務 病棟業務
血液浄化療法室業務 病棟業務
病棟業務
  • 腎臓内科外来診察 (週1~2回程度 AM or PM)
  • 血液浄化療法室診察 (週1~2回程度 AM or PM)

研修目標

  1. 腎疾患全般における知識・技能を修得する。
  2. 慢性腎臓病に対する集学的治療を行い、適切な時期に透析療法の導入ができる。
  3. バスキュラーアクセスの作製・管理ができる。
  4. 腎生検の適応・手技を修得し、腎生検所見の評価、治療法の決定ができる。
  5. 急性腎障害、電解質異常、酸塩基平衡異常の病態を分析し、適切な輸液メニューを作成することができる。
  6. 血液浄化療法の適応を理解し、適切な治療法を選択、試行することができる。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
  • 携帯電話等で迷惑メール設定をされている方は返信が届かない可能性がありますのでドメイン解除をお願い申し上げます。

連絡先

担当者:人事課 臨床研修担当 伊藤・佐久間
Mail:ishi_jinji@ach.or.jp
TEL:048-773-1111(内線7602)
FAX:048-773-7122

このページの先頭に戻る