文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

血液内科

幅の広い対応力

抗がん剤の実行力

外来治療の継続力

  • 血液腫瘍だけでなく良性疾患まで幅広く対応
    血液内科が不足している地域であり、多くの症例が経験できます。
  • リンパ腫、骨髄腫、骨髄異形成症候群の抗がん剤治療
    入院のみならず、外来通院治療も数多く対応しています。
  • 慢性骨髄性白血病、真性多血症、本態性血小板血症の外来治療
    必要な症例には新規薬剤も積極的に導入しています。

血液内科 プログラムの特徴

  • 入院患者の担当医となり指導医とともに患者を受け持ちます。月、木曜日に指導医とともに回診を行い、診療計画を自ら立案し指導医とともに討論します。
  • 月曜日の血液内科他職種カンファレンスに参加し、多方面から情報交換、共有することで診療に生かすことを学びます。
  • 月曜日の血液内科、糖尿病内科合同カンファレンスにて担当患者のプレゼンテーションを行うことにより、プレゼンテーション能力の向上を目指します。
  • 月、水、木、金曜日の骨髄検査日に、指導医の監視下で骨髄穿刺、生検の手技を経験、取得します。
  • 月に1回臨床検査科とともに骨髄読影会を行い、形態診断能力を高めます。

週間研修スケジュール

週間研修スケジュール

研修目標

  1. 血算、血液像の評価ができる。
  2. 骨髄穿刺および生検の適応を知り、安全な実施ができる。
  3. 骨髄穿刺および生検の結果を評価できる。
  4. 血液製剤の適応を知り、安全な輸血の実施ができる。
  5. 赤血球系疾患の病態を理解し、治療計画を立案、遂行できる。
  6. 白血病を代表とする白血球系疾患の病態を理解し、治療計画を立案、遂行できる。
  7. 悪性リンパ腫を代表とするリンパ系疾患の病態を理解し、治療計画を立案、遂行できる。
  8. 多発性骨髄腫を代表とする血漿蛋白異常症の病態を理解し、治療計画を立案、遂行できる。
  9. 出血、血栓性疾患の病態を理解し、治療計画を立案、遂行できる。
  10. 造血器腫瘍にて使用する抗癌剤治療の副作用について理解し、対応できる。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
  • 携帯電話等で迷惑メール設定をされている方は返信が届かない可能性がありますのでドメイン解除をお願い申し上げます。

連絡先

担当者:人事課 臨床研修担当
Mail:ishi_jinji@ach.or.jp
TEL:048-773-1111(内線7321)
FAX:048-773-2952

このページの先頭に戻る