文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

在籍専攻医からのメッセージ

水口 法生(2017年度入職)

現役研修医の声

私は2017年4月より当院外科にて後期臨床研修を受けさせていただいでおります。新専門医制度のスタートに先立って、当院ではAMG外科専門研修プログラムに準じた研修が始まりました。もともと小児科志望であったこともあり、初期研修は最低限の期間しか外科を研修しておらず、当院で働き始めた当初は基本的な手技、手法もほとんど知らない状態から研修が始まったためとても余裕がなかった記憶があります。

現在は腹腔鏡下のヘルニア修復術、胆のう摘出術、虫垂切除術をメインに執刀させてただいてますが、徐々に手術の全体像を診る余裕も生まれてきて充実した研修ができていると実感しています。 改めて私が考える当院の外科研修の強みを挙げるとすると、

  1. 年間1000件を超える豊富な症例数があること。
  2. 呼吸器外科や心臓血管外科、乳腺外科、小児外科と消化器外科以外にも様々な外科が存在すること。
  3. 基本的に若手の医師に経験(執刀)させてあげようというスタイルであること。
  4. 市中病院にしてはスタッフが多いこと。
  5. 若手外科医も少しずつ増えており相談しやすい環境があること。
  6. 上級医もみなさん優しく面白い先生であること。
等々があるかと思います。
時には多忙な時期もあり大変な思いもしますが、その反面もちろん余裕のできる時期もあり、やりたいことをする時間も設けることができています。 どうでしょう?一緒に上尾中央総合病院外科で働いてみませんか??

田中 寛人(2019年度入職)

現役研修医の声

私は2019年4月より当科に後期研修医として入職しました。2018年度に北里大学外科に入局し、その関連病院として出向という形でお世話になっています。出身大学も北里大学ではないため知っている先生は皆無の状態でスタートしました。最初は不安な気持ちで一杯でしたが、その不安は1週間もすれば無くなりました。その理由としてはアットホームな環境が大きいと思います。カンファレンス中も、基本的には集中していますが和やかな雰囲気になることもよくあります。快く迎え入れていただいた先生方に大変感銘を受けています。

症例については、緊急手術も多く外科専門医取得のための執刀数や症例数で困ることはありません。体力的な負荷はかかるときもありますが、手術手技や周術期管理のやりがいのためか精神的な負荷は驚くくらいかかっていません。これまでの執刀症例数が少なかったため、手術手技において知らないこと、実践経験がないことが多かったですが手術中に逐一丁寧に教えていただき大変勉強になっています。スタッフの方々が少しでも多く経験させようという思いが伝わってきます。学年的には虫垂炎や胆嚢炎、ヘルニアの執刀数が非常に多く自信がつくと思いますし癌の大手術を執刀することもあり日々成長を感じています。

初期研修中で外科が候補に挙がっている、もしくは外科の道を進むことを決め就職先を探している方、是非一度見学にいらして当科の雰囲気を味わっていただきたいです。スタッフ、レジデント一同心よりお待ちしております。

このページの先頭に戻る