文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

緩和ケア病棟ボランティア募集

緩和ケア病棟は症状緩和の治療をおこなう病棟です。
緩和ケア病棟ではお体の苦痛を和らげるための治療を行うだけではなく、こころの辛さも和らげて患者さんとご家族が大切な時間をできる限り快適に過ごしていただけるようにお手伝いしています。
患者さん・ご家族になるべく自宅の生活に近い環境で過ごしていただけるよう、地域の方々によるボランティアと医療スタッフとの協働により、優しく温かい病棟にしていきたいと思います。

緩和ケア病棟ボランティアの主な活動内容

  • ティーサービス~緩和ケア病棟のラウンジにあるキッチンでコーヒーや紅茶、かき氷を患者さん、家族を対象に提供します。
    コーヒーの良い香り、かき氷の甘いシロップに癒される、ほんのひとときを提供します
  • ラウンジ、キッチンの環境整備
  • 傾聴ボランティア(外部研修修了者のみ)~話を聞いてもらいたい・・・そんな気持ちに寄り添うことで、こころの辛さがほぐされることもあります
  • スピリチュアルケアワーカー(外部研修修了者のみ)
  • スタッフと共に季節の飾り付け~七夕の短冊に願いを込めたり、クリスマスツリーを飾ったり・・・入院していても季節を感じるお手伝いです。
  • 病棟行事のお手伝い
  • 音楽のサービス(音楽療法士)
  • イベントボランティア(ギター演奏などの音楽活動・フラダンスなどの披露・マジックショー等の専門的技能)等
    ~ラウンジをステージに楽しいひとときが過ごせるようなイベントを募集します

参加条件

  • ボランティア活動が可能な健康状態の方で、患者さん・ご家族のプライバシーを守ることができ、医療スタッフと連携して参加ができる方。
  • 可能であれば、3か月以上継続的に、1~2週に1回程度(3~4時間/日程度)の定期的な活動ができる方。
  • 定期的な活動をされるボランティアの方には面接後、緩和ケア病棟ボランティア研修を受講して頂きます。
  • イベントボランティアに関しては事前登録に登録して頂き、病棟の行事企画に合わせて参加をお願いすることになります。
  • 緩和ケア病棟受け入れ時研修カリキュラム(約1~2時間)
    1. 当院の緩和ケア病棟について
    2. 緩和ケア病棟の療養生活
    3. 多職種アプローチとボランティアの役割
    4. 当院の緩和ケア病棟の特徴
    5. 終末期がん患者さんの特徴
    6. 緩和ケア病棟のボランティア活動について
    7. ボランティアとして守っていただきたいこと
    8. ティーサービスとは
    9. ボランティア参加の流れ
    10. ボランティア活動における感染防止対策
    11. 緩和ケア病棟見学
    12. ティーサービスの演習(先輩ボランティアスタッフや病棟スタッフから、お茶の準備・提供方法・片付け等のレクチャーを受けていただきます)

楽しい癒しの時間を提供するお手伝いを一緒にしませんか。
興味があれば、ぜひ見学に来てください。

このページの先頭に戻る