文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

ボランティアさんの声

心からの感謝の言葉は本当に感動があります

菅谷 重信様
菅谷 重信様

"ありがとう"の一言が一番うれしい言葉です。
"誰かのお役に立ちたい"との気持ちで外来支援ボランティアをさせて頂き4年目です。心からの感謝の言葉は本当に感動があります。いつも"ありがとう"と言って戴ける活動をして、患者さまから常に、感動を貰い明るく楽しく活動しています。

笑顔を楽しみに活動しています

三島 佳子様
三島 佳子様

 毎月3、4回午前中にこの病院でボランティアをしています。再来受付機・自動精算機の利用のお手伝い、院内のご案内、初診手続きのご説明・代筆、車いすの方の援助、車いすの整備などをしています。
 一人で見えた高齢の方は心細いようで、初診手続きや、診療科へのご案内でとても感謝してくださいます。その笑顔を楽しみに活動しています。総合案内から内科への往復は軽いウォーキングにもなり、一石二鳥です。

私に「大変なご褒美」を頂いている場

滝 義照様
滝 義照様

 ボランティアを始めたのは、亡き妻が一年余の間お世話になり、病院内の事を熟知したことを何かのお役にたてられないかと思ったことがきっかけでした。
 1回3時間勤めさせて頂いていますが、約1万歩弱歩いていることが判りました。体を動かし大勢の方々と接することはアンチエイジング効果があり、病院ボランティアは、私に「大変なご褒美」を頂いている場だと感謝しています。

初めてのボランティア

新山 三郎様
新山 三郎様

 初めてのボランティア先として当院のお世話になり、1年と少し経ちました。
 単身の高齢者が病気の不安を抱え病院の玄関にたどりつくには並々ならぬ努力がいることを私の両親を見ていて思います。
 やっとたどりついた病院で機械相手に受診手続をし、会計をこなし、薬局に行くなど難行苦行だと常々思っております。
 こうした中でワンポイントアドバイスや案内、時にはちょっとだけ手を差し出すことで次に病院にやってくる勇気を与えられたら最高だと思っております。

このページの先頭に戻る