モービルCCU

  1. ホーム
  2. モービルCCU

心臓病専用救急車「モービルCCU」

循環器的な緊急症例を疑ったときは、循環器ホットラインまたは地域連携課へご連絡ください。

    • 急性冠症候群の可能性がある
    • 心不全かもしれない
    • 徐脈である

    …など

循環器専門医や看護師などが同乗した救急車(モービルCCU)で、貴院の患者さまの救急搬送を行います。

モービルCCUとは

モービルCCU(Mobile Coronary Care Unit:移動式心臓集中治療施設)とは、高規格救急車をベースとし、医療機器を搭載した特殊車両です。通常の高規格救急車よりも大幅に強化した1000Wのインバーターを搭載しているため、複数のME機器を同時に駆動できます。より重症度の高い患者の搬送にも対応できる仕様になっています。
連携医療機関の要請を受け、当院から、医師・看護師・臨床工学技士・事務職員(運転手)がチームとして出動します。要請先の医療機関に到着後は、迅速にモービルCCUへ患者を収容して診察を引き継ぎます。搬送中も、患者さんやご家族に病状説明を行いながら、車内から院内のスタッフとも患者情報を共有することで、病院到着の処置までの時間を短縮し、シームレスな医療を行うことができます。
なお、当院では、医師が出動の判断をしてから10分以内にモービルCCUが出動できる体制を整えています。

地域医療連携におけるモービルCCUのメリット

2019年第一四半期(4~6月)に当院に来院したST上昇型心筋梗塞の患者の場合、DTBT(door to balloon time:来院からバルーンカテーテルによる責任病変の再開通までの時間)は

  • 全症例             :平均70分
  • うち、モービルCCU出動時 :平均52分
です。
急性心疾患の場合、一刻も早く適切な治療を受けることが、患者の生命予後を左右します。
急性冠症候群診療に関する日本循環器学会のガイドライン(JCS 2018)では、「DTBT 90分以内」「ST上昇型心筋梗塞と診断してからガイドワイヤー通過まで60分以内」という基準が求められています。
さらに、この早期治療介入の恩恵を受けるためには、発症から120分以内に病院を受診する必要があるとされています。
そのため、地域の皆さまの救命に寄与したいという思いから、当院ではモービルCCUや循環器ホットラインを運用しています。

モービルCCU運用開始1周年

2018年8月13日に運用を開始したモービルCCUは、約1年で140回(2019年8月5日時点)の出動回数を数えました。うち約85%(119件)が入院対応でした。
上尾市および近隣の皆さまの救命に多少なりとも寄与できたこと、また無事故で運用できたことは、ひとえに先生方のご協力のおかげです。深く感謝を申し上げます。
今後とも緊急性の高い循環器症例を疑った時は、どうぞ当院へご相談ください。