文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

皮膚科

ごあいさつ

アトピー性皮膚炎などの多くの方が知っている皮膚疾患から、原因がわからない皮膚の発疹やできものなど、皮膚のトラブルに幅広く対応すべく、診療にあたっております。
また、皮膚疾患に対して正しい知識を持っていただくよう、患者さんへの情報提供に努め、生活環境などの皮膚疾患の背景となりうる要素の探求、個々の患者さんに会った適切な治療の提案を心掛けて参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

皮膚科 科長 川上 洋

診療内容

診療のご案内

炎症性疾患では接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、感染症では足白癬、爪白癬、伝染性膿痂疹(とびひ)、尋常性疣贅、尋常性痤瘡(にきび)、また腫瘍では粉瘤、脂漏性角化症などが当科では頻度が高く、これらの一般診療を行っています。さらに難治性慢性疾患である、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、水疱性類天疱瘡、多発型円形脱毛症などの診療にもあたっています。

受診するにあたってのお願い

予約制ですので、予約外の受診では待ち時間が長くなります。
診察を行わずに薬の処方はいたしません。

対象疾患について

 皮膚にはしばしば全身疾患を示唆する症状が現れるため、プライマリーケアとしてのデルマドロームの診断は重要です。例えば胃癌や肺癌に伴う黒色表皮腫や皮膚筋炎、甲状腺機能障害に伴う粘液水腫や脱毛症、糖尿病に伴う水疱や色素沈着、潰瘍性大腸炎や骨髄異形成症候群に伴う壊疽性膿皮症、サルコイドーシスやベーチェット病に伴う結節性紅斑などさまざまな疾患が挙げられます。また、皮膚を主病変とした疾患では、下記のような方針で診療にあたっています。

【アトピー性皮膚炎】

日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」に従って、小児から成人まで患者さん一人一人に合わせた治療を行っております。コントロール不良のアトピー性皮膚炎に対しては免疫抑制剤の投与や短期教育入院も行います。

【尋常性乾癬・掌蹠膿疱症】

ビタミンD軟膏やステロイド軟膏の外用を基本に、重症例では免疫抑制剤などの内服療法も併用します。

【尋常性痤瘡(にきび)】

クリンダマイシン及びアダパレンの外用と、難治例には抗菌薬の内服を併用します。

【水疱症】

尋常性天疱瘡、水疱性類天疱瘡などの自己免疫性水疱症ではステロイドの全身投与を行います。血漿交換が必要な難治例では大学病院等に紹介します。

【脱毛症】

多発型円形脱毛症にはステロイドの局所注射が有効です。男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を推奨しています。休止期脱毛では全身疾患の検索を行います。

【皮膚腫瘍】
比較的小さな皮膚良性腫瘍は外来での全摘術が可能ですが、大きなものでは短期入院が必要です。悪性腫瘍はダーモスコピーや皮膚生検で診断し、大学病院等に紹介します。

  • 難しい手術が必要な場合、当院形成外科や他院を紹介することがあります。
  • アナフィラキシーの原因検索であるプリックテストや内服チャレンジテストが必要な症例は、大学病院等を紹介します。
  • 尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・尋常性白斑に対する紫外線治療、陥入爪のワイヤー法は行っていません。
  • 単なる美容目的の診療は行っていません。

教育・研修・研究

「初期臨床研修プログラム」

 皮膚科外来や病棟での診療を通して、プライマリーケアに必要な皮膚疾患や全身疾患の皮疹の特徴を理解し、基本的な処置や処方を学びます。

「後期臨床研修プログラム」

 皮膚疾患の専門的知識や治療法に習熟し、学会活動を通して皮膚科専門医に必要な単位の取得を目指します。

外来予約 受付窓口

外来予約センター TEL:048-773-1197

  • 当日の予約はできません。
  • 電話をしていただく時間帯により、回線が大変混み合うことがあり、ご迷惑をおかけする事があると思われますが、ご了承願います。

このページの先頭に戻る