文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

不整脈外来

不整脈外来

不整脈外来は脈の乱れにお悩みの患者様を対象にしております。
下記の症状を認める場合不整脈の存在が疑われ、不整脈外来にてご相談していただければ幸いです。

  • 時々出現する脈の欠滞(上室性・心室性期外収縮など)
  • 突然始まり突然停止する動悸発作(一過性心房細動、上室性頻拍症、心室頻拍など)
  • 動悸とともに自覚するめまい、息切れ(心房細動、上室性頻拍症、心室頻拍など)
  • めまい、眼前暗黒感、意識消失 (洞不全症候群、房室ブロックなど)

<主な検査・治療>
不整脈が疑われる患者様には、12誘導心電図、ホルター心電図、
場合によっては心エコーにて検査を行います。
頻拍性不整脈(期外収縮、心房細動、上室性頻拍症、心室頻拍)の存在が確認され適応を有する場合、不整脈剤の内服にて第一選択治療と治療となります。
抗不整脈剤による治療が無効で侵襲的検査・治療(電気生理学的検査、カテーテルアブレーション、植え込み型除細動器等)の適応がある場合は、患者さまの状態に合わせて治療をすすめてまいります。

外来予約 受付窓口

外来予約センター TEL:048-773-1197

  • 当日の予約はできません。
  • 電話をしていただく時間帯により、回線が大変混み合うことがあり、ご迷惑をおかけする事があると思われますが、ご了承願います。

このページの先頭に戻る