文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

腫瘍内科

ごあいさつ

 この度、腫瘍内科の開設にあたり、その責任者となりました。平成17年に「がん対策基本法」が施行されてから国を挙げての対がん戦略の整備が進められ、当院も平成23年4月に埼玉県がん診療指定病院に指定されております。がん治療は21世紀に入って大きく変化しており、特に化学療法の日進月歩によって治療戦略の根幹がダイナミックに変貌しております。腫瘍内科という比較的新しい診療科は日本では聞き慣れない面も多々あるかと存じますが、臓器別診療科の垣根を越えて連携を強め、また新しい治療法にも迅速に対応できるよう体制を強化していきたいと考えております。

腫瘍内科 科長 中島日出夫

特色

<化学療法>

 がんに対する集学的治療は、手術・放射線治療・化学療法という3本柱を組み合わせて施行されますが、近年の腫瘍内科に求められる役割は化学療法を中心に集学的治療全体をオーガナイズすることにあると考えられます。通常の抗がん剤を用いた化学療法は、特別な技術や特殊な薬剤の調整を必要とするものではありません。個々の患者さまに応じた対応はもちろん重要ですが、医師の技能に強く依存する名人芸や薬の匙加減といった特殊な技術は、昨今の化学療法には必要とされなくなっております。それぞれの癌種のそれぞれのステージに対して標準治療といわれるものが確立しており、それを安全に的確に行う事が主目標であり、国の政策も、がん医療の均てん化=標準治療の普及に主点があるといっても過言ではありません。しかしながら21世紀に入って化学療法の分野には、従来の抗がん剤とは異なった機序で働く、がん細胞の分子を標的とする薬剤(分子標的薬剤)が次々と開発され臨床の現場に導入されるようになっています。それに伴って、標準治療や副作用対策も刻々と変化しております。がん治療専門の看護師・薬剤師と一緒にチーム活動を通して最新の情報を収集し、そうしたダイナミックな変化に迅速に対応しております。

<対象疾患>

 基本的にすべての癌種に対応します。専門外来(火・木)に加えて、専属スタッフが外来化学療法室に常駐しており、随時相談に乗る事が可能です(午後の方が比較的時間が取れます)。お気軽にお訪ねください。

教育・研修・研究

 あらゆる臓器にたいする抗がん治療に関わることとなります。また、刻々と変化する化学療法に対して、薬剤の勉強会や抄読会を定期的に行ってupdateしております。 さらに次世代のがん治療に向けての研究も行っており、埼玉医大、熊本大学、金沢大学と共同研究をしております。そして、そうした活動に伴う成果を学会や論文で発表しております。

臨床試験

大腸癌、悪性リンパ腫の化学療法施術患者に対する栄養機能食品の有効性に関する臨床研究を開始しました。
【対象:大腸がん・リンパ腫で化学療法を受けられる方】
参加をご希望の方は遠慮なくスタッフまでお申し出ください。
詳細については下記パンフレットをご覧ください。

『栄養機能食品の臨床研究に参加しませんか!?』パンフレット

外来予約 受付窓口

外来予約センター TEL:048-773-1197

  • 当日の予約はできません。
  • 電話をしていただく時間帯により、回線が大変混み合うことがあり、ご迷惑をおかけする事があると思われますが、ご了承願います。

このページの先頭に戻る