文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

病理診断科

ごあいさつ

 当科は各科から提出されるいろいろな部位から採取された細胞や組織を診断し、病変部の良性・悪性の判断や今後の治療方針をどう進めるのかなどのサポートを行っています。診断に際しては、caseによっては細胞診のみの場合や、また、より詳しい情報を得るために組織診を実施するcaseもあり、様々です。診断に当たっては顕微鏡にて検索し、特殊な染色も追加施行して、得られた結果のレポートを各科の担当医師に提出しています。当科は直接患者さまの目には触れない部門ですが、使命の重大性をしっかり認識して診断に当たっています。

病理診断科 科長 長田宏巳

特色

「病理専門医が診断」

経験豊かな病理専門医が診断し、ミスを防ぐために二重チェックを実施しています。

「症例数が多い」

年間症例数は組織診で約8,000、細胞診で約18,000。県下でも有数の症例数があります。

「各科とのネットワーク」

症例は各科から提出されますので、各科との連絡をつねに密にしています。

教育・研修・研究

「前期・後期の研修医プログラム」

現在は研修医の在籍はありませんが、研修医の受け入れもお受けしています。その際の研修プログラムも準備しています。

「学会で症例発表」

当科における組織診・細胞診をもとにして、症例検討会や学会等での症例発表を行っています。

このページの先頭に戻る