文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

上尾小児科便り

2021年12月

今年も残すところあと僅かとなりました。新型コロナウイルス感染症の第6波が来ませんように、出来るだけ先に延ばせますように、出来るだけ⼩さな波になりますように祈るばかりです。ご存知の通り、感染経路は接触・⾶沫感染、⼀部空気感染です。密集を避ける、マスクをする、⼿洗いをするといった基本的感染防御策を徹底して⽇常⽣活を取り戻しましょう。
さて、現在⼩児科外来ではアデノウイルス感染症の⼩流⾏が⾒られます。アデノウイルス感染症は夏季に咽頭結膜熱(プール熱)として流⾏することで知られています。発熱、⾷欲不振、咽頭痛、結膜充⾎、⽬脂を認め、下痢を伴うこともあります。発熱の期間は5⽇前後、潜伏期間は5〜7⽇間です。治療は症状を和らげる対症療法です。解熱しても2⽇間は感染⼒があるため保育園は出席停⽌です。感染経路は⾶沫・接触感染です。家庭内でもマスクと⼿洗いを⼼がけましょう。

当院小児科外来での感染予防対策
  • 新型コロナウイルス感染が疑われる患者さんは別棟の発熱外来で対応しています。
  • その他の発熱者は2階⼩児科外来前の発熱者待合コーナーでお待ちください。
  • 環境衛⽣のため、ドアノブ、待合の⻑椅⼦、診察室内を1⽇4回次亜塩素酸⽔溶液で清拭しています。また、待合室の換気も適宜⾏なっています。
  • 発熱の患者さんの診察や処置をする際には、マスクの他にフェイスシールド、必要に応じてガウンも着⽤させていただきます。⼿洗いとアルコール⼿指消毒薬を処置ごとに励⾏しています。
子どものこころと体の健康を守りたい。(動画のご紹介)
【講演内容】
  • 新型コロナウイルスウイルス感染症
    ~こどもの免疫的知見を中心に~
  • 新型コロナウイルス流行期における
    予防接種
  • コロナ禍でこどもたちが受けている
    心身の影響
    ~コロナ×こどもアンケートの報告~
  • 日々の過ごし方のコツ
    ~安心感を得るには~

新型コロナウイルス感染症が子どもにも大きな影響を及ぼしています。小児医学研究振興財団がオンデマンドで開催している市民公開講座では、小児科 医が日々の過ごし方のコツなどを、無料の動画でお話しています。

それぞれの講演は15分~25分ほどです。オンデマンドですので、都合のいい時間に、聞きたい順番で視聴することができ ます。

公開期間:2022年3月末まで

バックナンバー

■ 2021年

■ 2020年

■ 2019年

予約受付窓口

紹介状をお持ちの方:地域連携課・病診連携係 TEL:048-773-5941
紹介状を開封せずにお手元にご用意ください。
紹介状をお持ちでない方:外来予約センター TEL:048-773-1197

受付時間

月曜日~金曜日 8:30~17:30
  土曜日   8:30~13:00
  • 日曜・祝祭日は受付いたしかねます。
  • 当日のご予約はお受けいたしかねます。
  • 時間帯によって、電話回線が混み合ってつながりにくい場合があります。ご迷惑をおかけいたしますが、悪しからずご了承ください。
  • 当院は地域医療支援病院です。かかりつけの医院からの紹介状が必要となります。紹介状をお持ちでない方はこちらをご確認ください。

このページの先頭に戻る