文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

睡眠センター

ごあいさつ

当外来では、日本睡眠学会の認定を受けた学会認定医が睡眠障害、特に睡眠呼吸障害についての診察やアドバイスを行っております。そのうち最も頻度が高い睡眠時無呼吸に関しては、最新の情報に基づいた診断と治療を行えるように心がけています。
睡眠時無呼吸とは、眠っているときに空気の通り道(上気道)が狭くなり、呼吸ができなくなる病気です。 原因は、はな、のどの構造的な問題が関わっています。症状としては、いびき、日中の眠気、起きるときの頭痛、疲れやすいといったことがあり、重篤な場合には、脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが高くなるといわれています。診断するためには睡眠中に検査をする必要があります。スクリーニング検査として、自宅でできる簡易の検査を貸し出しています。診断確定のための精密検査として、1泊2日の入院で、脳波や呼吸の状態を見る検査(ポリソムノグラフィー)を行っております。
治療としては、マスクによる夜間の呼吸補助装置(持続気道陽圧:CPAP)を中心として、内科や口腔外科とも連携して治療法を提供しています。耳鼻咽喉科特有の治療として適応がある方には、はな・のどの手術も積極的に行っています。今後は最新の手術機器である高周波発生装置を導入し、より低侵襲で、効果の高い手術を予定しております。
また、睡眠時無呼吸以外の睡眠障害(不眠症や過眠症など)が疑われる方に対しては、適切な情報を提供し、必要に応じて別の専門科(神経内科や心療内科)や、専門施設への紹介をしています。
睡眠障害についてお困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

外来予約 受付窓口

外来予約センター TEL:048-773-1197

  • 当日の予約はできません。
  • 電話をしていただく時間帯により、回線が大変混み合うことがあり、ご迷惑をおかけする事があると思われますが、ご了承願います。

このページの先頭に戻る