未破裂脳動脈瘤(みはれつのうどうみゃくりゅう)

未破裂脳動脈瘤とは?

 脳動脈の一部分が膨らみ、瘤(こぶ)状になった病気です。日本人の100人に4〜5人(約5%)が脳動脈瘤を有していると言われています。

  • 未破裂脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤(矢印)

どんな症状がでるのか?

 未破裂脳動脈瘤は、通常は無症状です。しかしながら脳動脈瘤の瘤壁はぜい弱であるため、破裂して、くも膜下出血や脳内出血を生じる可能性があります。最近の日本人のデータ(UCAS Japan)では、破裂率は年間0.95%となっています。
 また、破裂しなくても、動脈瘤のサイズが大きくなると、脳や神経を圧迫して症状が出る場合もあります。

未破裂脳動脈瘤が見つかったら

 未破裂脳動脈瘤が見つかった場合、動脈瘤のサイズや形状、部位、患者さんの体の状態・希望などを総合的に判断し治療方針を決定します。その方法には、コイル塞栓術開頭クリッピング術による治療、および、経過観察があります。
 経過観察する際は、破裂のリスクを高める要因(高血圧、喫煙、過渡の飲酒)に対する治療や指導をしながら、半年〜1年の間隔でMRAなどの画像検査を行います。脳動脈瘤のサイズ増大や形状変化が認められた場合は、治療を考えます。

御相談ください。

 治療法の選択は、疾患の状態や患者さんの状態・ご希望などを総合的に判断した上で、カテーテル治療・開頭治療のいずれかに偏ること無く、最適と思われる治療法を提案できればと思っております。外来・病棟で、まずは御相談ください。

くも膜下出血・破裂脳動脈瘤(くもまくかしゅっけつ)
(はれつのうどうみゃくりゅう)

くも膜下出血とは?

 くも膜下出血とは、脳とその表面を覆う“くも膜”との間(くも膜下腔)に出血をきたす病気です。原因の約8割が脳動脈瘤の破裂です。

  • 破裂した脳動脈瘤(矢印)とくも膜下出血

破裂した脳動脈瘤(矢印)とくも膜下出血をきたした脳表

どんな症状がでるのか?

 主な症状は、「ハンマーで殴られたような」、あるいは「今まで経験したことが無い」と表現されるような“激しい頭痛”が挙げられ、嘔吐や意識障害を伴う場合もあります。また、出血が脳実質に及ぶと、手足の麻痺や言語障害を伴う場合があります。
 一度発症すると、約40%の方が生命に関わります。生存し得ても約1/3の方は重度の後遺症を残し、社会復帰できる方(軽度の後遺症を含め)は、おおよそ3人に1人と言われています。

くも膜下出血の治療

 まず、予後を悪化させる原因である再破裂を防ぐため、早期に、コイル塞栓術、又は、開頭クリッピング術を施行します。手術方針は、動脈瘤の位置や形状、患者さんの全身状態等を総合的に検討したうえで決定します。
 発症後2〜3週間は、ダメージを受けた脳はもとより、循環(心臓)や呼吸など全身状態も大きく影響を受けますので、主にハイケアユニットにて治療を行います。
 また、発症後4〜14日間に生じる脳血管れん縮(脳の血管が細くなり、脳梗塞の原因となる病態)に対するカテーテル治療(ファスジル動注療法)や、水頭症(髄液の吸収障害で脳内に髄液が貯まってしまう状態)に対するシャント手術が必要となる場合もあります。

脳梗塞・一過性脳虚血発作(のうこうそく)
(いっかせいのうきょけつほっさ、TIA)

脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)とは?

脳梗塞とは、脳血管が詰まることにより、脳がダメージを受ける病気です。
動脈硬化により血管が細くなり詰まる脳血栓症や、心臓や他の血管に生じた血栓が流れて詰まる脳塞栓症が原因となります。もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症:脳血管が細くなる原因不明の病気)などの疾患が、脳梗塞の原因となる場合もあります。
一過性脳虚血発作とは、一時的に脳血管が詰まることにより、脳梗塞になる一歩手前の状態となる病気です。脳梗塞と同様の症状が一時的に出現し、その後消失します。脳梗塞を発症するリスクが高いため、治療が必要です。

どんな症状がでるのか?

 脳梗塞になる部位や範囲により症状は異なりますが、下記のような症状は、脳梗塞が疑われます。

  • 半身の手足・顔面がうまく動かない、しびれる
  • 呂律が廻らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない
  • 手足の動きが定まらない、フラフラしてまっすぐに歩けない、急にめまいがする
  • 視野の半分が欠ける、片目が急に見えなくなる

脳梗塞の治療

超急性期(発症からすぐの時期)

①血栓溶解療法:点滴治療
発症から4.5時間以内に治療可能で、慎重に適応判断された場合は、血栓溶解療剤(rt-PA:組織プラスミノゲン活性化因子)を静脈注射(点滴)します。

②血栓回収療法:カテーテル治療
>詳しくはこちら

亜急性期〜慢性期(発症から時間が経過した時期)

 頚動脈や脳血管に狭窄(血管が細い状態)があり、脳梗塞発症(再発)のリスクある場合には、下記のような治療法があります。

①頚動脈ステント留置術:カテーテル治療・頚動脈内膜剥離術:外科手術
>詳しくはこちら

②脳血管バイパス術(頭蓋外・頭蓋内血管吻合術):開頭手術
>詳しくはこちら

③経皮的血管形成術:カテーテル治療
バルーン(風船)カテーテルを用いた、頭蓋外や頭蓋内の脳血管を拡張する治療が有効な場合があります。

頚動脈狭窄症(けいどうみゃくきょうさくしょう)

頚動脈狭窄症とは?

 高血圧症や糖尿病、脂質異常症などが原因で生じたプラーク(脂のカス)により、頚動脈(脳血管と心臓をつなぐ頚部にある動脈)が細くなった病気です。血流の乱れにより血栓を生じたり、細いこと自体で血流低下を招いたりすることで、脳梗塞一過性脳虚血発作(脳梗塞の一歩手前の状態)を生じ、さまざまな神経症状を来します。

頚動脈狭窄症の治療

①頚動脈ステント留置術(CAS):カテーテル治療
>詳しくはこちら

②頚動脈内膜剥離術(CEA):外科手術
頚部皮膚を切開し頚動脈を露出します。血流を一時的に遮断した後、内シャント(脳への血流を維持する管)を挿入し脳血流を維持します。その状態でプラーク(脂のカス)を取り除き、血管を縫合し血流を再開させます。

  • 頚動脈内膜剥離術(CEA)

頚動脈内膜剥離術(プラーク(矢印)を取り除いているところ)

硬膜動静脈瘻(こうまくどうじょうみゃくろう、DAVF)

硬膜動静脈瘻とは?

 硬膜(脳を包む硬い膜で、頭蓋骨のすぐ内側に存在)を栄養する動脈と、硬膜静脈洞(脳を栄養した血液を心臓に戻すための、硬膜内にある静脈路)や脳静脈とが、直接つながってしまう病気です。圧力の高い動脈から圧力の低い静脈に血液が直接流入(シャント)して、脳や眼などの静脈に逆流します。
 拍動性の耳鳴りを自覚したり、発生部位によっては、眼球の充血や眼球突出、複視(物が二重に見える)などの症状を生じたりします。シャントが重症化すると脳循環が障害され、脳機能不全や脳梗塞、脳出血を生じ、様々な症状を来します。

硬膜動静脈瘻の治療

①硬膜動静脈瘻塞栓術:カテーテル治療
病変まで進めたカテーテルから、コイル(プラチナ製の糸)や塞栓物質を挿入・注入し、病気となっている血管を閉塞することで、異常な血流を遮断します。

  • 硬膜動静脈瘻塞栓術
  • 硬膜動静脈瘻塞栓術
  • 硬膜動静脈瘻塞栓術

DAVF塞栓術(左:脳静脈への異常逆流、中:罹患血管をコイルで塞栓、右:正常状態に治癒)

②硬膜動静脈瘻離断術:外科手術
頭皮を切開し頭蓋骨の一部を開頭(一時的に骨を外す)した後、手術用顕微鏡のもとで病的血管を離断(切り離すこと)することで、異常な血流を遮断します。

  • 硬膜動静脈瘻離断術
  • 硬膜動静脈瘻離断術

DAVF離断術(左:脳静脈へ異常逆流する病的血管(矢印)、右:病的血管を焼灼離断するとこと)

③放射線治療
カテーテル治療や外科手術が出来ない場合や、治療後に病変が残存した場合におこないます。

④経過観察
症状や、脳や眼の静脈への逆流の有無に応じて、治療を行わず様子を見る場合もあります。

脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい、AVM)

脳動静脈奇形とは?

 脳血管の奇形で、異常な脳動脈と脳静脈が毛細血管を介さず直接つながり、ナイダス(とぐろを巻いた様な塊)を形成した状態にある病気です。
 血管の壁がぜい弱であるため、破裂して脳内出血やくも膜下出血を生じる可能性があります。また、痙攣や麻痺などの神経症状で発症する場合や、脳ドックなどで偶然発見されることもあります。

脳動静脈奇形の治療

単独治療から複数治療の併用まで、患者さんごとの病態・病状や治療リスクに応じて治療法を選択します。

①脳動静脈奇形塞栓術:カテーテル治療
病変近くまで進めたカテーテルから塞栓物質やコイルを用いて、ナイダスや流入する動脈を閉塞します。通常は、開頭術の際の出血リスクを低減する目的にて行います。

  • 脳動静脈奇形塞栓術
  • 脳動静脈奇形塞栓術
  • 脳動静脈奇形塞栓術

塞栓術(左:AVM(矢印)、中:AVM近傍までカテーテルを進めたところ、右:塞栓術後

②脳動静脈奇形摘出術:外科手術
頭皮を切開し頭蓋骨の一部を開頭(一時的に骨を外す)した後、手術用顕微鏡のもとで、病変を周囲の脳から剥離しながら摘出します。最も有効で確実な治療法といわれています。

  • 脳動静脈奇形塞栓術

AVM摘出術(周辺脳から病変を剥離しているところ)

③定位放射線治療(ガンマナイフ)
サイズが直径3 cm以下(体積として概ね15 cc以下)の場合に適応となります。手術による摘出が難しい部位も治療対象となります。照射後1〜数年かけて閉塞するため、脳出血後や出血リスクが高い患者さんにはあまり向きません。
なお、当院にはガンマナイフ機器が無いため、ご希望の際は、他院を御紹介致します。

④経過観察
病変の大きさや周辺脳の機能的重要性、流出静脈の型などから、治療のリスクが高いと判断される場合があります。その際は、脳出血や症状の進行性悪化を示す患者さん、動脈瘤を合併している場合を除き、経過観察も妥当な選択肢となります。