コイル塞栓術Coil embolization

コイル塞栓術:カテーテル治療

 血管内に挿入したカテーテル(細い管)を、レントゲン透視下に脳動脈瘤に到達させ、コイル(プラチナ製の糸)を挿入することで、瘤内への血流を遮断します。

  • コイル塞栓術
  • コイル塞栓術
  • コイル塞栓術

ストライカー社HPより

  • コイル塞栓術
  • コイル塞栓術
  • コイル塞栓術

コイル塞栓術症例(左:動脈瘤(矢印)、中:動脈瘤内に挿入されたコイル、右:塞栓された状態)

開頭クリッピング術Surgical Clipping

開頭クリッピング術:外科手術

 頭皮を切開し頭蓋骨の一部を開頭(一時的に骨を外す)した後、手術用顕微鏡のもとで脳動脈瘤に到達し、クリップ(チタンなどの金属製)により動脈瘤ネック(動脈瘤の根元)を閉鎖することで、瘤内への血流を遮断します。

  • コイル塞栓術
  • コイル塞栓術

開頭クリッピング術症例(左:クリッピングされた動脈瘤、右:ICG蛍光血管造影にて動脈瘤閉鎖を確認)

血栓回収療法Thrombectomy

血栓回収療法:カテーテル治療

 血栓溶解療法が不十分な場合や施行不可能な場合に、カテーテルを血管閉塞部位まで誘導し、血栓を回収します。

  • 血栓回収療法
  • 血栓回収療法
  • 血栓回収療法

血栓回収療法(左:閉塞した血管、中:再開通した血管、右:回収された血栓)

頚動脈ステント留置術carotid artery stenting

頚動脈ステント留置術(CAS):カテーテル治療

 足の付け根から血管内に挿入したカテーテル(細い管)を、レントゲン透視下に血管狭窄部(細くなった部分)に到達させた後に、バルーン(風船)カテーテルを使用し血管を拡張し、ステント(金属メッシュの筒)を留置します。

  • 頚動脈ステント留置術
  • 頚動脈ステント留置術

頚動脈ステント留置術(左:術前の狭窄部(矢印)、右:ステント留置後)

脳血管バイパス術Vascular bypass

脳血管バイパス術(頭蓋外・頭蓋内血管吻合術):開頭手術

 頭皮を栄養する血管と脳血管とを、手術用顕微鏡のもとで吻合(縫合してつなげること)することで、脳血流を増やします。
 脳動脈の閉塞や高度狭窄が原因で、脳血流の低下をきたしている患者さんには、効果があります。また、一過性脳虚血発作や脳梗塞を発症した、もやもや病(脳虚血型)の患者さんにも本手術法は有効です。

  • 血管バイパス術

脳血管バイパス術(とても細い針と糸を使用し、ピンセットで血管同士を縫っているところ)