文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

上尾中央総合病院がん診療体制

ごあいさつ

当院は開院当初より、質の高い医療サービスの提供を目指して日々努力を重ねてまいりました。がんに対する医療は当院が特に力を入れている領域のひとつです。  平成19年に「がん対策基本法」が施行され、全国どこでも質の高いがん医療が提供できることを目指してがん診療拠点病院が指定されました。埼玉県では都道府県がん診療拠点病院である県立がんセンター、小児がん拠点病院である県立小児医療センター以外に12病院が地域がん診療連携拠点病院に指定されています。当県は人口が多く、がん医療に対する需要も多いため、がんに対する機能を備えた医療機関を整備することが必要とされ、地域がん診療連携拠点病院のほかに埼玉県がん診療指定病院として当院を含めて12病院が県から指定を受けております。
 当院では手術・抗がん剤・放射線治療などの治療を組み合わせて行う集学的治療を実施することが可能であり、治療方針も各学会などの診療ガイドラインに沿った標準的治療を実施しています。またがん医療に関するセカンドオピニオンの実施や緩和ケアの専門チームを設置し、きめ細かい緩和ケアを提供することができております。平成26年5月には緩和ケア病棟が完成し、がんの苦痛に対する治療の選択肢がさらに広がりました。今後さらに機能の充実をはかり、地域のがん医療に力を入れてゆきたいと考えております。皆様のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

上席副院長 上野聡一郎

がんについて知る

このページの先頭に戻る