文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

がん診療実績

当院のがん診療の実績

2011年4月より埼玉県のがん診療指定病院の指定を受け、様々ながん種に対して、外科的治療・抗がん剤治療・放射線治療などを組み合わせた集学的な治療を積極的に行っております。
院内がん登録症例の統計を中心に、当院のがん診療の実績をご紹介いたします。

  • このページ内のデータは特に記載のない限り、院内がん登録の2016年登録症例(診断日が2016年1月~12月の症例)についての統計になります。

がん診療概要

 当院には日本がん治療認定医機構のがん治療認定医が計11名在籍しており、5大がんを中心としてそれぞれの診療科領域で幅広くがん診療を行っております。
 男女ともに共通して症例数が多いのが大腸がん(結腸・直腸)・胃がん・肺がんで、他に男性では前立腺がん、女性では乳がんの症例数が多い傾向にあります。
 性別年齢階級別で見ると、男性は70-74歳代、女性は65-69歳代の症例数が多い傾向にあります。

■部位ごとの性別件数
部位別性別の件数
■全体の部位別構成比
全体の部位別構成比
■性別ごとの部位別構成比
性別ごとの部位別構成比
■性別年齢階級別の件数
性別年齢階級別の件数

 地域医療を担う基幹病院として、2005年よりがん診療を積極的に行っていく方針を掲げ、がんに関わる多職種の人材の確保および教育、地域の医療機関との連携の強化などに取り組んでおります。その結果、がんの治療のために入退院される患者さんの数は2005年以降、年々増加傾向にあり、また全退院患者数に占める割合も増加しております。

■「がん退院数」と「総退院数に占めるがん退院数の割合」の推移
「がん退院数」と「総退院数に占めるがん退院数の割合」の推移

胃がん

■当院の治療実績(外科的治療の内訳)

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

手術症例数
92件
うち、開腹手術症例数 28件
うち、腹腔鏡手術症例数 29件
うち、内視鏡手術症例数(ESD/EMR) 35件
■胃がんステージ別の治療

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

UICC TNM分類治療前ステージ別に見た治療方法の件数

治療前ステージ
全数(138)
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明
76 12 14 26 10
手術のみ 35 3 1 0 1
内視鏡のみ 29 0 0 0 5
手術+内視鏡 1 0 0 0 0
薬物療法のみ 2 0 4 10 0
手術/内視鏡+薬物 3 8 3 2 0
治療なし※ 6 1 6 14 4
  • 積極的な治療なし(緩和など)
  • 治療前ステージ不明については、他の疾患治療を実施した際に偶然発見されたがんとなります。
UICC治療前ステージ別割合(胃)

大腸がん

■当院の治療実績(外科的治療の内訳)

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

手術症例数
244件
うち、開腹手術症例数 37件
うち、腹腔鏡手術症例数 85件
うち、内視鏡手術症例数 122件
■大腸がんステージ別の治療

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

UICC TNM分類治療前ステージ別に見た治療方法の件数

治療前ステージ
全数(281)
0期 I期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明
33 53 28 33 41 93
手術のみ 2 33 16 15 4 8
内視鏡のみ 30 7 0 0 0 78
手術+内視鏡 1 1 0 0 0 5
放射線のみ 0 0 1 0 0 0
薬物療法のみ 0 3 0 0 10 0
放射線+薬物 0 0 0 0 1 0
手術/内視鏡+放射線 0 0 1 0 9 0
手術/内視鏡+薬物 0 4 3 7 2 2
手術/内視鏡+放射線+薬物 0 0 0 6 0 0
その他 0 0 0 0 1 0
治療なし※ 0 5 7 5 14 0
  • 積極的な治療なし(緩和など)
  • 治療前ステージ不明については、他の疾患治療を実施した際に偶然発見されたがんとなります。
UICC治療前ステージ別割合(大腸)

乳がん

■当院の治療実績(治療の内訳)

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

手術症例数
99件
うち、乳房温存手術症例数(乳房部分切除) 43件
うち、乳房全摘出術/乳房切除症例数
(うち、全摘出/切除後に乳房再建術を実施)
56件
(0件)
薬物療法症例数
116件
うち、化学療法症例数 38件
うち、内分泌療法症例数 78件
■乳がんステージ別の治療

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

UICC TNM分類治療前ステージ別に見た治療方法の件数

治療前ステージ
全数(113)
0期 Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明
8 51 39 9 2 4
手術のみ 3 1 1 0 0 0
放射線のみ 1 2 2 0 0 2
薬物療法のみ 0 2 2 1 0 1
手術/内視鏡+放射線 0 0 1 0 0 0
手術/内視鏡+薬物 2 15 14 5 1 0
手術/内視鏡+放射線+薬物 2 31 19 3 0 1
治療なし※ 0 0 0 0 1 0
  • 積極的な治療なし(緩和など)
  • 治療前ステージ不明については、他の疾患治療を実施した際に偶然発見されたがんとなります。
UICC治療前ステージ別割合(乳房)

肝がん

■当院の治療実績(外科的治療の内訳)

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

手術症例数
21件
うち、開腹手術症例数 2件
うち、体腔鏡手術症例数 19件

■その他治療の内訳

TAE/TACE症例数 4件
ラジオ波焼灼症例数 14件
■肝がんステージ別の治療

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

UICC TNM分類治療前ステージ別に見た治療方法の件数

治療前ステージ
全数(46)
I期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明
18 14 8 5 1
手術のみ 10 6 0 0 1
薬物療法のみ 0 0 1 0 0
薬物+その他 1 2 0 0 0
手術/内視鏡+薬物 0 0 1 0 0
手術/内視鏡+その他 0 2 0 0 0
手術/内視鏡+薬物+その他 0 0 1 0 0
その他 5 3 3 0 0
治療なし※ 2 1 2 5 0
  • 積極的な治療なし(緩和など)
  • 治療前ステージ不明については、他の疾患治療を実施した際に偶然発見されたがんとなります。
UICC治療前ステージ別割合(肝臓)

肺がん

■当院の治療実績(外科的治療の内訳)

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

手術症例数
39件
うち、胸腔鏡手術症例数 37件
うち、胸腔鏡補助下手術症例数 0件
うち、開胸手術症例数 2件
■肺がんステージ別の治療

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

UICC TNM分類治療前ステージ別に見た治療方法の件数

治療前ステージ
全数(112)
I期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明
43 6 12 49 2
手術のみ 18 3 1 0 0
放射線のみ 4 1 0 0 1
薬物療法のみ 1 0 4 21 0
放射線+薬物 0 0 2 1 0
手術/内視鏡+薬物 15 1 1 0 0
治療なし※ 5 1 4 27 1
  • 積極的な治療なし(緩和など)
  • 治療前ステージ不明については、他の疾患治療を実施した際に偶然発見されたがんとなります。
UICC治療前ステージ別割合(肺)

前立腺がん

■当院の治療実績(外科的治療の内訳)

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

手術症例数
146件
うち、開腹手術症例数 2件
うち、ロボット支援腹腔鏡下手術症例数 144件
■前立腺がんステージ別の治療

※リンパ腫・肉腫を除く2016年登録症例(診断日:2016年1月~2016年12月)

UICC TNM分類治療前ステージ別に見た治療方法の件数

治療前ステージ
全数(302)
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 不明
98 134 25 31 14
手術のみ 44 73 7 0 5
内視鏡のみ 0 0 0 0 6
手術+内視鏡 0 1 0 0 2
放射線のみ 27 29 8 5 0
薬物療法のみ 16 13 3 23 1
放射線+薬物 2 10 1 2 0
手術/内視鏡+放射線 0 0 1 0 0
手術/内視鏡+薬物 3 4 4 1 0
手術/内視鏡+放射線+薬物 0 0 1 0 0
治療なし※ 6 4 0 0 0
  • 積極的な治療なし(緩和など)
  • 治療前ステージ不明については、他の疾患治療を実施した際に偶然発見されたがんとなります。
UICC TNM分類治療前ステージ別割合(前立腺)

このページの先頭に戻る