文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

消化器外科

ごあいさつ

上尾中央総合病院消化器外科では患者様に24時間365日、深夜においても最善の医療を提供することが出来るよう日々診療にあたっております。
消化器がん(食道がん、胃がん、肝臓がん、膵臓がん、胆道がん、大腸がん)を中心に、上部消化管疾患、肝胆膵疾患、下部消化管疾患を幅広く診療しております。
当院消化器外科では低侵襲手術(内視鏡外科手術・ロボット手術など)に特に力を入れており、臓器ごとの内視鏡外科技術認定医を擁し、患者様のニーズに合わせた低侵襲手術が可能となっております。内視鏡外科手術により入院期間の短縮、傷が目立たない手術で患者様のからだに優しい治療を実現しております。

また最近ではロボット手術の導入を積極的に行っております。
緊急手術の数も非常に多いですが、迅速に適切な治療を行うことにより良好な治療成績をあげています。

地域に密着した医療
患者様に寄り添った医療
低侵襲治療(内視鏡外科・ロボット手術)

近年の医療は日進月歩で、さまざまな技術革新が見られます。実際に当院でも従来の手術方法だけではなく、積極的に内視鏡外科手術やロボット手術といった低侵襲治療を導入して患者様の体にやさしい治療を行っております。
しかしながら、最も大切なことは、患者様との良好な信頼関係、そして病気を一緒に克服していこうという強い気持ちであると考えます。
患者様のニーズにきめ細かく対応しつつ、優しさを持って患者様に寄り添った外科治療を提供いたします。

消化器外科科長 若林 剛

このページの先頭に戻る