文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

泌尿器科

ごあいさつ

 当科では主に泌尿器領域でのがんの治療、結石治療、排尿障害および泌尿器科的緊急疾患の治療を行っています。地域の基幹病院として地域完結型の医療を目指しています。泌尿器領域でのがんの症例数が多く、県内でも有数の手術件数があります。前立腺がんの検診にも力を入れ、地域の病院とも連携し 早期発見・早期治療を心がけています。私たちは、平成元年の開設以来20年を超えて泌尿器科疾患に関して最先端の治療、患者さまにわかりやすい治療をと心がけてきました。今後とも患者さまと一緒に考えていく医療と最新の技術をご提供したいと考えています。

泌尿器科 科長 佐藤聡

特色

「症例・手術例が多い」

がん治療(前立腺がん・膀胱がん・腎がん)をはじめ、尿路結石の治療においては身体に傷がつかない体外衝撃波治療やレーザーを利用しての内視鏡手術など年間600例を超える手術例があります。

「緊急疾患への対応」

地域の一般医の先生方と病診連携をとり、緊急の疾患へも対応しています。

「排尿障害の治療」

前立腺肥大症、過活動膀胱(頻尿・尿をがまんできない・間に合わないなどの症候群)については、薬物療法、排尿トレーニング指導などの行動療法、場合により内視鏡手術で対応しています。

「病診連携による前立腺がんの治療」

がん検診と地域のかかりつけ医との連携により、前立腺がんの早期発見・早期治療を推進しています。

「膀胱がん治療」

内視鏡手術および膀胱全摘術は県下で有数の症例数があります。また代用膀胱造設術などの機能温存手術や抗がん化学療法にも積極的に取り組んでいます。

「低侵襲最先端治療~前立腺肥大症のレーザー治療:HoLEP」

近年、増え続ける前立腺肥大症に対する低侵襲治療として、平成23年6月からホルミウムレーザーによる前立腺核出術(HoLEP)を始めました。

内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」導入について

より低侵襲で安全な手術を実現するために、世界水準の内視鏡支援ロボットである"ダヴィンチ・システム"導入を決定しました。2013年7月現在、前立腺がんの標準的治療である全摘出手術が健康保険の適用となっており、当科でも2013年10 月より稼働しております。

内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」

専門診

毎週木曜日午後にロボット手術専門外来を行っています。(完全予約制)

教育・研修・研究

「専門医の育成」

当科は日本泌尿器学会の専門医研修施設に認定されており、専門医への道が開けます。症例数が多いため、オールラウンドの治療を行えるジェネラル・ウロロジストとしてのスキルも磨くことができます。

「上尾市医師会との共催での研究会開催」

地域の医療機関の皆さまとともに、泌尿器科の役割や課題、今後のテーマなど様々な視点から啓発活動を行っています。

実績

手術名 2011 2012 2013 2014 2015
副腎摘除術(開腹) 2 0 0 1 0
経皮的腎・尿管砕石術(PNL) 7 13 13 13 19
体外衝撃波砕石術(ESWL) 272 296 185 270 162
腎部分切除術(開腹) 4 5 7 9 3
腎部分切除術(鏡視下) 0 0 0 0 2
単純腎摘除術(開腹) 3 1 0 1 1
根治的腎摘除術(開腹) 17 22 10 19 14
根治的腎摘除術(鏡視下) 0 0 0 0 2
腎尿管全摘除術(開腹) 4 9 9 10 2
腎尿管全摘除術(鏡視下) 0 0 0 0 16
経尿道的尿管砕石術(TUL) 76 110 133 91 210
尿管膀胱吻合術 0 0 1 0 1
尿管皮膚瘻造設術(膀胱全摘除を伴うもの) 3 0 0 0 4
尿管皮膚瘻造設術(膀胱全摘除術を伴わないもの) 0 1 1 2 0
回腸導管造設術(膀胱全摘除を伴うもの) 10 9 5 8 12
回腸導管造設術(膀胱全摘除術を伴わないもの) 1 1 0 1 0
新膀胱造設術 1 0 0 0 0
経尿道的膀胱腫瘍切除術 85 97 94 122 141
精巣摘除術 2 2 2 3 4
高位精巣摘除術 3 6 3 5 5
精巣固定術(精巣捻転に対する) 3 3 2 3 3
経尿道的前立腺切除術(TUR-P) 17 0 0 0 4
経尿道的前立腺核出術(HoLEP) 19 48 42 78 133
前立腺全摘除術(開腹) 40 37 28 3 1
ロボット支援根治的前立腺全摘術 0 0 9 66 141
膀胱結石摘出術 23 23 22 26 17
陰嚢水腫根治術(非交通性) 6 5 12 1 7
後腹膜腫瘍摘除術 0 0 2 2 2
骨盤内蔵全摘術 0 2 0 1 0
膀胱水圧拡張術 0 0 7 6 2
陰茎切断術 0 0 2 0 1

このページの先頭に戻る