1. HOME
  2. 不整脈

不整脈Arrhythmia

不整脈とは

心臓が、ポンプのように収縮と拡張をくり返すことを拍動と呼びます。 拍動は洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる部位からの信号によって、規則正しいリズムで、自動的におこります。 この、心臓の拍動が正常とは異なる部位からおきたり、正常とは異なる伝導をしたりすることを不整脈といいます。 症状としては、動悸(どうき)失神など様々なものがあり、なかには症状がはっきりしないものもあります。生命の危険があるため治療が必要なこともあれば、経過観察のみで充分なものもありますので、治療をすべきかどうか専門医による精密検査が必要です。

不整脈の種類

不整脈には、脈拍数が多くなる「頻脈性(ひんみゃくせい)不整脈」と、脈拍数が少なくなる「徐脈性(じょみゃくせい)不整脈」の2種類にわけられます。

頻脈性不整脈

発作性上室性頻拍(ほっさせい じょうしつせい ひんぱく)

突然心拍が早くなったり(頻拍)、正常に戻ったりする不整脈です。冷汗、動悸や失神などの症状をおこします。カテーテルアブレーションによる治療は、根治率95%であり非常に有効です。(※)

※ 根治(こんち)とは、完治して、病院で治療しなくて良くなる状態のことを指します。

カテーテルアブレーション画像
カテーテルアブレーション画像

心房細動(しんぼう さいどう)

心房細動は肺静脈から生じる異常な信号により発症します。拍動のリズムが崩れることで、血流が滞り、心臓内(特に左心耳)に血の塊(血栓)ができてしまい脳梗塞を発症するリスクが高くなります。カテーテルアブレーション治療や胸腔鏡手術により根治が可能です。

心房細動のカテーテル治療のページへ

心室頻拍(しんしつ ひんぱく)

心室から発現する頻拍で突然死の原因となります。症状は重篤なことが多く、動悸や胸痛、失神などが突然おこります。治療が必要な不整脈で、薬物療法、カテーテルアブレーション、植え込み型除細動器などがあります。

除脈性不整脈

洞不全症候群/房室ブロック

加齢や薬剤、心疾患などの要因により脈が遅くなり、失神したり、命に関わることもあります。一過性の要因であれば、要因を取り除くことで治りますが、不可逆的な、取り除けない要因の場合にはペースメーカ治療が必要です。

心臓は1分間に50〜100回、一日あたり約10万回拍動しています。 拍動数は動作や運動、精神的な影響などで変わりますが、基準を上回る、または下回る場合は、下記のように呼んでいます。

  • 頻拍:1分間の脈拍が100回分以上の場合
  • 徐脈:1分間の脈拍が 50回未満の場合
ペースメーカ
ペースメーカ

最近では、10円玉くらいの大きさである非常に小さなカプセル型のペースメーカ(リードレスペースメーカ)による治療も可能です。

植え込み型除細動器

除細動機能付きペースメーカです。心室頻拍や心室細動などの、すぐに命にかかわる不整脈(致死性不整脈)が起きた際に、電気ショックで正常な脈に戻します。

外科的治療

心房細動に対する胸腔鏡手術

WOLF-OHTSUKA法(ウルフ-オオツカ法)といい、胸腔鏡を用いて左心耳を切除する手術です。肺静脈隔離も同時に行うことが可能です。

当院の強み

  • 不整脈専門医もしくはそれを志す循環器医が不整脈専門チームとして治療に当たります。
  • カテーテルアブレーションなど痛みを伴う治療に対して、静脈麻酔を用いることで『痛くない治療』を提供します。また、高い技術が必要とされる心室頻拍に対する心外膜アブレーションも対応可能です。
  • バルーンアブレーション、リードレスペースメーカ、皮下植え込み型除細動器など最先端の医療を提供しています。
この記事を書いたのは
内藤 和哉(ないとう かずや)
循環器内科 医長(不整脈部門長)