文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

核医学検査

核医学検査とは

核医学検査とはRI(アールアイ)検査とも呼ばれ、特定の臓器や組織に集まりやすい性質を持った放射線の出るお薬を患者さんに投与します。投与された放射線の出るお薬(放射性医薬品)が、目的の臓器や組織に集まったところで、そこから出される放射線を専用のガンマカメラを用いて体外から検出し、その分布を画像化します。また、検査に使用するお薬はごく少量で、かつ少ない放射能で検査が可能です。
核医学の検査には、脳、心臓、肺、肝臓、腎臓、骨、内分泌系など、色々な場所の病態や代謝、機能を診断するのに用いられます。また、検査だけではなく治療にも用いられ、有痛性骨転移に対する疼痛緩和療法や、去勢抵抗性前立腺がんに対する治療などに用いられます。

当院の核医学検査

当院の核医学検査は、2001年に新規開設されています。
核医学装置は、SIEMENS社製 E.CAM(2検出器)が2台設置されており、技師2名にて検査を行っております。30種類以上の検査を行っており、検査によっては至急対応も可能です。骨シンチグラフィをはじめ、心筋負荷シンチグラフィ、脳血流シンチグラフィ、肺血流シンチグラフィなど、全身または各部位の検査を全身撮影法やSPECT(断層撮影)の方法を用い検査を行っています。

SIEMENS E.CAM/SIEMENS E.CAM180

このページの先頭に戻る