文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

肝臓病教室

第14回 肝臓病教室

2016年度統計によると、4万8千人あまりの方が、ウイルス性肝炎や肝臓がんを含む肝臓病(肝疾患)で亡くなっています。

ウイルス性肝炎(B型及びC型)は、感染していても症状が現れにくく、感染に気づかないことがあります。また、将来肝硬変や肝がんといった重篤な病態に進行する可能性のある疾患ですが、現在ではウイルスに起因する慢性肝疾患は、早期発見・早期治療によって治癒可能な疾患となりつつあります。

当院は、埼玉県肝疾患診療連携病院ネットワークの地区拠点病院(県中央地区)として、肝臓病の診療を行うだけでなく、市民の皆様に向けた公開講座を、定期的に開催しています。
入場無料です。どうぞお気軽にお越しください。

テーマ/講師 日時/場所
肝硬変とサルコペニア
肝硬変で筋肉量が減少するサルコペニアを知っていますか?
2018年9月8日(土)
13:00~14:30(受付12:40)
B館10階 中村記念講堂

参加費は無料です。お気軽にご参加下さい。

  • PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
    下のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードし、インストールしてください。
    Adobe Reader

バックナンバー

お問い合わせ・ご要望

不明な点は消化器内科外来までお問い合わせください
TEL:048-773-1111(病院代表)

このページの先頭に戻る