文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」

ダヴィンチ・ロボット手術とは

ロボット手術とは

ダヴィンチ・システム(Intuitive Surgical社製da Vinci S Surgical System:図1)は、腹腔鏡手術を支援する、内視鏡下手術支援ロボットです。 ロボット手術といっても、機械が自動的に手術を行うわけではありません。患者さまのお腹にあけた小さな穴に手術器具を取り付けたロボットアーム(図2)と 内視鏡を挿入し、医師がサージョンコンソール(図4)と呼ばれる操作ボックスの中で内視鏡画像を見ながら操作して手術をします。 これまで前立腺がんの全摘手術には開腹手術と腹腔鏡手術がありましたが、両方の手術の利点を併せたものが、ダヴィンチによるロボット手術だといえます。

図1 da Vinci Surgical System (左から、サージョンコンソール、ペイシェントカート、ビジョンカート)

ロボット手術の利点

低侵襲性

機能性
効率性

確実性

  • より小さい創口
    従来の開腹手術では大きな手術痕が残ってしまいました。しかし、ダヴィンチ・システムによる手術では、腹部に鉗子を挿入する小さな穴を数か所開けるだけです。手術痕もほとんど目立たず、術後の痛みも軽くなります。
  • より少ない出血量
    炭酸ガスで腹腔内を膨らませる(気腹)ために、開腹手術に比べて出血が少なくなります。
  • 自然な鉗子の動き
    従来の腹腔鏡手術では手元の動きと鉗子の動きは逆方向となりましたが、ロボット手術では同方向への自然な動きが可能です。ダヴィンチ・システム独自の機能で術者の手ぶれも防止されます。操作が容易で人間の手首や指と同じように操作できます。
    図2 ペイシェントカートと専用インストゥルメント
    ペイシェントカートはロボットの本体です。アームの先端に取り付けられた手首を有するインストゥルメントが自然な動きを実現しています。
  • 微細で正確な鉗子の動き
    7方向のほぼ理想的な動きを実現しています。ロボットにしかできない動き(関節の360°回転など)もできます。このため狭い空間でも自由に器具を操作することができます。(図3) 例えば、従来の前立腺がん手術では困難とされていた尿道と膀胱の吻合(つなぎ合わせ)も正確に行うことができます。
    図3 マスターコントロール
    鉗子操作 術者はサージョンコンソール(図4)のマスターコントロールで鉗子を操作し手術を行います。
  • 3Dビジョン
    従来の腹腔鏡手術では、術者は2次元の画像を見ていました。ダヴィンチ・システムでは3次元立体画像を見ながら手術ができます。奥行きを感じて操作できるため、より正確かつ安全な手術が可能となりました。
    図4 サージョンコンソールと3Dビューワー
    サージョンコンソールはダヴィンチ・システムを動かす操作ボックスです。術者は左右の眼のためのビューワーを通して3Dビジョンの術野を見ます。
  • 自在な視野の確保
    視野を5~15倍まで拡大することができ、カメラ自体も術者が自在に操作できます。従来の腹腔鏡手術は、助手がカメラを操作していたため視野の作り方が難しく手ぶれが生じることもありました。 ダヴィンチ・システムは、人の目より自由に見たいところを見ることができます。 例えば、従来の前立腺がん手術では見えにくかった細かい血管や神経・臓器の境界などが確認できるようになることが、術後の尿失禁予防や性機能温存、根治性の向上につながります。

以上のような特長から、ダヴィンチ・システムによる手術は、人間の目で見るよりも拡大された視野を立体的な3D画像で得ることができ、狭い空間で精密な作業を正確に行うことができます。 ダヴィンチ・システムは、より低侵襲で確実な、機能温存に優れた手術を実現することになるでしょう。

このページの先頭に戻る