文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

手術の適応

ダヴィンチ・ロボット手術の適応は

現在、前立腺がんの全摘出手術および小さい腎がんの部分切除術が健康保険の適用となっています。

しかし、アメリカを始めとした海外では、泌尿器科領域だけでなく一般消化器外科・心臓外科・呼吸器外科・婦人科領域などでダヴィンチ・システムによる手術が実施されています。

当院では先進医療への取り組みとして、膀胱がん手術、そけいヘルニア、心房中隔欠損症、狭心症のダヴィンチシステムの手術も実施しています。 現時点ではこれらの手術には健康保険が適用されませんが、「より低侵襲」というダヴィンチ・システムのメリットは充分に発揮されています。

ダヴィンチ・システムにより、内視鏡外科手術の未来に大きな可能性が拓かれました。

対象疾患

このページの先頭に戻る