文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

医療安全管理課

ごあいさつ

 医療安全は医療の質に関わる重大な課題です。また安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、当院及び職員個人が医療の安全の必要性・重要性 を病院及び自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要です。そこで当課では、院内の安全推進活 動を行うにあたり「安全管理報告書(インシデント・アクシデントレポート)」で報告された事例をもとに集計・分析を行い、対策等の提案や、マニュアル作成 及び患者安全に関する研修・教育企画・運営を行っています。また事故発生時には原因の究明と再発防止策の検討等を行う委員会開催のための調整等を担ってい ます。しかし、医療安全の取り組みは、私たち医療者だけの努力では達成できるものではなく、患者さんのご協力も不可欠です。お名前の確認やお薬の確認など 医療者と一緒に行うなど、是非ご理解とご協力をお願いいたします。

医療安全管理課 課長 渡邉 幸子

課の主な活動

患者安全に関する院外からの情報収集と対応

 他の医療機関で起こった医療事故等の院内掲示板への掲載や、2か月に一度「医療安全管理課便り」を発行し、安全管理報告書の集計報告や、安全情報、勉強会のお知らせ等、周知しています。

院内教育

  • 医療安全に関する知識や技術、コミュニケーション、チームワーク、危険予知力を含む総合的なパフォーマンス力を習得・強化するため、全職員に対して、講義、実習等を通じて継続的に教育を行っています。
  • 危険予知トレーニング:リスク感性の向上を目的とした研修。
  • 講演:外部から講師を招聘し、全職員を対象に医療安全講演会などを随時開催。

このページの先頭に戻る