文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

検査技術科

ごあいさつ

当科では、臨床検査技師 約70名が、生化学・血液・輸血・一般・生理(ドック業務を含む)・病理・細菌の7つの検査係にわかれて業務を行っています。
また当科では、2017年6月8日に埼玉県内の病院として初めて国際基準ISO15189の認定を受けました。病院の方針でコンサルタントなしの自力取得というチャレンジでしたが、院内・グループ内のサポートを受けながら、自分たちの品質マネジメントQMSを自身で回せるだけの実力を養う機会となりました。
これからも、24時間体制で迅速に精確な検査結果を臨床へ届け、患者さんが当院で安心して医療を受けられるよう、日々、積極的に活動していきます。

検査技術科 菊池裕子

特色

「最新の検査機器の導入」
生化学の自動分析機、輸血の自動測定機、超音波診断装置など常に最新の機器を導入し、検査の精度向上を図っています。

「チーム医療への参加」
院内の様々なプロジェクトや医療チームに参画し、より良い医療提供のために臨床検査技師として力を発揮しています。

「検査室を飛び出して」
インフルエンザシーズンの救急室支援や、手術着に着替えて手術中の介助、リハビリテーション科と共に歩行負荷心電図検査を行うなど、多職種が関わる場での活動が増えています。
また、近隣の中学生を対象とした職業体験“ラボ・セミナー”を開催し、臨床検査技師の将来へ繋がる活動をしています。
最近では、埼玉県臨床検査技師会に所属する臨床検査技師の皆さんと一緒に、がん征圧・がん患者や家族支援目的のチャリティイベント“リレーフォーライフ”(リレー方式で夜通し歩き続ける)にも参加し、がん医療に携わる医療従事者としての役割を再認識しています。

「女性スタッフ支援」
結婚・出産・育児といった女性のライフサイクルに入っている女性スタッフが安心して働ける職場づくりを目指しています。ママスタッフのネットワークや、一人ひとりに見合った働き方の提案をするなど、自身のスキルを活かしながらやりがいを持って働けるようサポートしています。

教育・研修・研究

「認定検査士(技師)の資格取得」
毎年、資格受験者が約10名おり、着実に取得者が増えています。先輩の経験を聞くことができ、抵抗なく受験する風土が整っています。

「技術向上プログラム」
日常業務におけるステップアップを意識し、技術が向上するように“業務ラダー”や“スキルマップ”を用いて評価しながら育成しています。また、近年「ジョブローテーション制度」を取り入れております。入職してすぐに、ローテーションしながら各現場で求められる基礎的な知識を習得する期間を設けるなど、ジェネラリストとしての成長にも力を入れております。

「学会への積極的参加」
日本臨床検査医学会、日臨技、埼臨技、関東甲信越地区学会をはじめ全国の各学会、専門学会に属し、毎年積極的に発表・論文投稿をしています。

このページの先頭に戻る