文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

Physical therapy(理学療法)

内部障害系(内科・外科・循環器)~ICU 超急性期から迅速に対応~

●肺炎や心筋梗塞、癌の周術期など内部から生じる障害に対して手術翌日から離床及び術後管理、心負荷など、専門性に特化した運動介入を行っています。
●先進医療への取り組みの一環として心臓リハビリにも力を入れています。

  • 2013年10月ダヴィンチ(ロボット)手術開始
  • 2014年6月ハイブリット手術室開設
  • 2015年4月TAVI(経カテーテル大動脈弁治療)の実施認定施設となりました。(関東では13病院のみ)
内部障害系(内科・外科・循環器)~ICU 超急性期から迅速に対応~

運動器系~受傷から復帰までサポート~

●人工関節や関節鏡手術、スポーツ障害に至るまで最先端の医療技術に対応し、患者さまのADL改善からトップアスリートのサポートまで幅広く対応しています。
●徒手療法、物理療法、運動療法を用いて、機能障害を伴わない軽い痛みから手術を要する機能障害や痛みまで、患者さまの身体の潜在能力を評価し、より効果的なリハビリテーションを提供していきます。

運動器系~受傷から復帰までサポート~

中枢係(急性期・回復期)~切れ目のない高度な医療、思いやりのあるチームアプローチ~

●急性期では発症当日より離床を行い、早期の機能改善、ADLの獲得を目標に介入を行っています。
●回復期病棟が併設されているため、急性期から回復期の切れ目のない介入が行なうことが出来、情報交換も密に行っています。
●回復期病棟では入棟時訪問指導を積極的に行い、患者さまの生活背景を踏まえたプログラムを立案し介入を行っています。

中枢係(急性期・回復期)~切れ目のない高度な医療、思いやりのあるチームアプローチ~

~多様なニーズにお応えする~

自分の足で歩きたい、これまで通りの生活に戻りたい、元気に職場復帰を果たしたい、病いや障害とうまく付き合っていきたい・・・。患者さまの「当たり前」・「いつも通り」を全力でサポートし、患者さまにとっての生き生きとした生活を支えていこと、それが私たちの使命です。患者さま・ご家族様の多様なニーズに、最大限の努力でお応えしていきます。

このページの先頭に戻る