文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

Occupational therapy(作業療法)

内部障害系~中までまるっとお見通しだ!~

●肺炎・心不全など急性期から介入する事で廃用予防・早期離床やメンタルケアによる精神面のサポートや不穏等の予防に力を入れています。
●がん疾患患者さまへの緩和的介入を行いQOLのサポートをしております。
●糖尿病教室や健やか教室などを通して地域活動も行っています。

内部障害系~中までまるっとお見通しだ!~

中枢急性期~Take me out from the Bed~

発症日や翌日の段階から介入し、離床・機能改善の他,麻痺側上下肢のポジショニングなど環境調整に力を入れています。患者さまにとって「意味ある離床、楽しい離床」を目的として、離床時間を活用し病棟でレクリエーションも行っています。

中枢急性期~Take me out from the Bed~

中枢回復期~Road to Home~

患者さまの退院後の生活を見据えた介入はもちろん、実際にご自宅に伺う家屋評価、福祉用具選択、自宅改修のアドバイス、家族指導等を行っています.しているADLに着目し病棟スタッフと連携をとり、ナイトケア、ADL練習を実践し、在宅復帰のサポートをさせていただいてます。

中枢回復期~Road to Home~

運動器系~ぢっと手を見る(一握の砂より)~

上肢の骨折・手の外科術後、腱断裂に対してハンドセラピー、運動療法の介入、顔面神経麻痺の患者さまに対し顔面マッサージや、メンタルケア等に関わっております。入院中では頚髄症患者さまの上肢介入や大腿骨頸部骨折の患者さまのADL指導なども行っております。

運動器系~ぢっと手を見る(一握の砂より)~

~見えない部分をサポートする~

日常生活にリハビリを生かすということは、日々の何気ない活動に目を向け介入することになります。とても見えにくい部分ではありますが私たちにしか見えないものをサポートしていきます。少しの活動の変化を共有していくことは大きなやりがいと感じています。

このページの先頭に戻る