文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

文書管理課

ごあいさつ

文書管理課では、診療およびその取り組みの品質を管理する仕組み(マネジメントシステム:ISO9001)における文書の管理と個人情報保護関連の職員教育を行っています。
ISOではルールを公表し徹底することが求められます。そのため、まずルールを明確にして、明文化し、手順をマニュアル化(文書化)します。また、作成された文書は版管理・改ざん防止対策・適切な提供の対応を継続的に行う必要があります。
また、病院は患者さんのとても重要な個人情報をお預かりする組織ですので、職員一人一人が自覚をもって業務に取り組むよう、職員に向けた教育活動を行っております。
患者さんと接する機会のない当課ですが、組織内の品質改善をはかり、良質な医療を患者さんにお届けすることで、診療のサポートを行っています。

文書管理課 課長 土屋晃一

特色

病院では数少ない、文書(マニュアル等)を管理する専門の部署となります。当院の規模になりますと、文書の数も多くなり、なかなか管理が行き届いた状態を維持することは大変です。
当院でも、ISO9001を導入する前は、なかなか文書の管理がうまくいっているとは言えない状態でした。2005年にISO9001の認証を取得する際に、文書の体系だった管理方法を構築し、実施しています。その管理を当課が担って運用しています。
プライバシーマークの認定を受けている医療機関のうち、病院は少数となります。その中でも500床以上の病院でプライバシーマークの認定を受け続けている病院は極少数の病院となります。

教育・研修・研究

ISO9001の勉強会の開催
規格と当院の仕組みに関して定期的に勉強会を開催しています。

個人情報保護に関する勉強会の開催と、全職員(委託先等を含む)に関する、教育効果確認テストの実施。
個人情報の保護に関しての勉強会の開催と、全職員の理解度を確認する上でのテストの実施をしています。こちらはプライバシーマークの要求事項でもあり、本当に全職員がテストを実施し、解答しています。この人数で行えるのは、本当に凄い組織だと思います。

ISO9001、個人情報保護マネジメントシステムの内部監査員の養成講座の開催。
当院のマネジメントシステムの中枢を担う、内部監査員を養成しています。フォローアップに関しても継続して行っています。

このページの先頭に戻る